いろたし日記

ボードゲームとアメリカ生活をメインとしたブログです。誰かの人生にちょっとだけ色を足すようなブログになれたら。

MENU

【思想】日本に1ヶ月一時帰国します。今思うこと。

 

f:id:iroppu:20170523214347j:image

本日より、日本に1ヶ月ほど帰国します。

現在、ニューヨーク・ラガーディア空港です。

 

ニューヨークに引っ越し、ブログを開設してはや2ヶ月とちょっとです。今、日本に帰国し転々と1ヶ月過ごす、という大きな暮らしの変化をとり入れてみて、次に繋げる何かを得ようと思います。まずは日本でしかできない事をたくさんしてこよう。

 

思い返して見れば2ヶ月前、アメリカに来て早々、絶望していました。対人コミュニケーション能力には自信があった方ですが、英語となると全くの別世界だったということが大きいです。冗談は愚か、最低限の質問以外通じません。友人に恵まれていた生活も激変し、自分から動かないと、家族以外とは全くコミュニティが作れない、そんな環境。そして、制度的に仕事ができないという強迫概念。仕事をしていた時とは全く違う、1日の時間配分。

 

新しい能力を身につける必要があるとはいえ、すぐ身につけられるものではないので、毎日苦しいことの方が多いです。今ある能力はほとんど役に立たない。

 

人と交わり、自分の人生を有益なものにするため「自分の能力を生かしながら楽しく生きる」という方向で考えたとき、私には人とのコミュニケーションが必須だと思えました。しかし、すぐには友達ができない。そこで、今までは毎日たくさんの人に会って対面で伝えていた手段を、ブログという手段に変えれば良いだけなのでは?

 

人間は、誰かの人生に、少しは何かを与えられる。自ら発信しないことは何もしないことと同じではないけれど、人に何も影響を与えないで生きるのは死んでいるも同然。

 

そうして、手段としてブログをはじめ、今に至ります。多くのブロガーさんが内向志向で「対人で人と話すのはあまり得意ではない」と自己紹介していますが、私は全くそんなことがありません。その反面、自分の内面と向き合うことは苦手です。そのためブログ執筆も苦痛に感じるのではないかと感じましたが、下手ながらも、文章を書くことを楽しめています。そして近頃やっと「静かな毎日」に順応してきており、楽しく生きるための試行錯誤を現在も続けています。その試行錯誤の一環で、日本に一時的に帰る選択をしました。

  

離れてみてはじめてわかること、本当にたくさんあると思います。綺麗事ではなく、不足していること、余剰だったこと。人もそうですし、環境も、国も。今一度、家族のこと、自分のこと、環境のこと、考えて見ようと思います。

 

 

帰国している間の1ヶ月は、過去イベントの参加レポ系の記事をまとめつつ、自分を見つめ直す意味で、いつもよりは内面的なことを書こうかなと思っています。スマホからの更新にもチャレンジしようと思います。

 

人生は一回だから、何でもやろう。どんなことにも対応できるよう、能力をたくさん身につけよう。

環境が変わり、以前より強く、そう思います。

 

 

そんなこんなで、トロント経由で日本に帰ります。まずは牛丼、唐揚げ、明太子が食べたい。

 

日本で、これだけは行っとけ!というオススメのイベント・場所がありましたら、ぜひ教えてください。東京・大阪を2つの起点として動く予定で、今の所、銀座シックスには足を運んで見ようと思っていますが、それ以外は未知数です。柔軟に色々動こうと思っています。

【読書】tami氏「今日のおべん」の作り置きが効率的で素晴らしいから再現してみた

今日は趣向を変え、読書記録の中でも、本に影響され即行動を起こしたシリーズで書きたいと思います。

f:id:iroppu:20170426105608j:plain

皆さんは「今日のおべん」という書籍を知っていますか。この本の著者であるtami氏は、作り置きを効率的に作り、さらにその作りおきを作ることだけに止まらず、作り置きを用いたお弁当・夕食を作っており、instagramでも大人気のインフルエンサーなのです。この本を読んで、ふと思いました。効率主義の私なら、これぐらい簡単にできるんじゃないのか?ということで、この本に載っている作り置きを参考に、実際に作って見ました。

 

 チャレンジ内容

作り置きを短時間に何品作れるか?

 

今回はお弁当作りを意識せず、あくまで作り置きを短時間に何品作れるか?ということを念頭に置いてチャレンジしました。まず食品を揃えるところから。tami氏が生協で注文しているという食品たちを、アメリカのスーパーで探しに行きます。

f:id:iroppu:20170521141442j:plain

ボストン産のレタスは汚すぎて買う気が失せました。陳列が雑ですね。

 

その他、日本の食材がなかなか手に入らないのですが、苦戦して揃えた食材は以下。

f:id:iroppu:20170521141141j:plain

汚いレタスを見て買う気が失せたので、カットレタスを買うという横着ぶりです。

f:id:iroppu:20170521141142j:plain

4つのコンロのうち、3つを同時に稼働させました。効率を考えてやって見たのですが、奥のフライパンに手が届きにくすぎて使いにくく、余計に時間がかかっているような気がしたので、途中から2コで回すようにしました。やはり3口以上のコンロを使う場合は、横並びでないと使いにくいということを学びました。

 

f:id:iroppu:20170426105607j:plain

そして作って行った物を置くスペースが足りない・・あたふた。。せっせと同時進行を考えて作ります。そしてでき上がった作り置きが以下。

 

 f:id:iroppu:20170426105606j:plain

12品で100分(1時間40分)もかかりました。しかも、ほぼ切るだけ、茹でるだけの簡単な調理です。単色の食べ物ばっかり・・茹でる・漬ける・焼くのみでこんなに時間がかかるとは思いませんでした。同時並行で料理を進められる人は本当に尊敬します。

 

作ってみてわかったこと

tami氏は作り置きの神。効率良すぎ。

 

ちなみに、1週間全てではありませんが、ちゃんと食材をお弁当にも活用できました。

f:id:iroppu:20170521140241j:plain

やっぱり、紫キャベツとラディッシュはかなり映えますね。アメリカのトマトは色素が薄いので、こちらはあまり映えませんでした・・

ニューヨークSOHOのハーニー&サンズ(Harney & Sons)本店のおすすめのお土産紹介

f:id:iroppu:20170521133657j:plain

ニューヨークのSOHOエリアにあるハーニー&サンズ(Harney & Sons)本店にいってきました。紅茶をはじめとして、茶器・キャンドル・トラベルグッズなど幅広く手がけているハーニー&サンズは、友達へのお土産選びにぴったりのお店です。日本では、DEAN&DELUCAで数種類の取り扱いがありますが、バリエーションはニューヨーク本店が一番豊富なようです。そんなハーニー&サンズを楽しむポイント、オススメのお土産を紹介したいと思います。

 

店舗外観

f:id:iroppu:20170521133653j:plain ショーウィンドウは華やかなフラワーと春らしいドレス、動物たちになっていました。

おすすめポイント

1.パッケージが上品でかわいい

2.店内で試飲ができる

3.無料でお土産がもらえる

それぞれについて説明したいと思います。

1.パッケージが上品でかわいい

f:id:iroppu:20170521133649j:plain

色味が強すぎず、上品なパッケージです。バリエーションで数種類買った場合も、統一感があり、喜ばれる事間違いなしです。ニューヨーク観光のお土産だけでなく、結婚のお祝い返し、などにも喜ばれそうです。

2.店内で試飲ができる

f:id:iroppu:20170521133652j:plainこちらのカウンターで、本日のオススメ1カップ、選んだフレーバーの2種を頂くことができます。店員さんに試飲がしたい旨を伝えると、すぐ1杯目の「本日のオススメの紅茶」を入れてくれます。そして紅茶のメニューから自分の好きなフレーバーを伝えると、さらに追加で紅茶を入れてくれます。メニューには、「Chinese」「Japanese」などアジアのお茶も多数掲載されており、迷ってしまいます。この日は、友人とそれぞれ1フレーバーずつ選べるため、1つめは人気の「Hot Cinammon Spice」、2つ目は「Peach & Ginger」をお願いしました。どちらも香り高く、甘めのお茶でしたが、安っぽくなく上品に感じました。「Hot Cinammon Spice」は、他では飲んだことのないような独特の味で、砂糖が入っていないはずなのにとても甘く、なのにしつこくない味で、本当にオススメです。衝撃的すぎて、お土産も全てこの味にしてしまいました。笑

 

3.無料でお土産がもらえる

f:id:iroppu:20170521133647j:plain

こちら、最近始めた施策のようですが、Facebookまたはyelpのアプリでこのお店にチェックインすると、好きな紅茶の4杯分程度が入ったお土産をいただけます! 先ほど試飲して美味しいことを確認した、大人気フレーバー「Hot Cinammon Spice」をください、と伝えると、ティースプーン4杯分をさっと入れ、封をして手書きでフレーバー名を記載し、渡してくれました。なんと良いサービス!SOHOに行く際は、ぜひ利用してみてください。

 

オススメのお土産

f:id:iroppu:20170521134943j:plain

入ってすぐのレジ横にある、4ドルで5パック入った小さい缶のお土産(写真左側)がオススメです!茶葉が入ったお土産は、普段紅茶を飲む方にはお土産として渡しやすいですが、使いやすさを考えると、サシェ(ティーパック)の方が使いやすいです。通常サイズの缶(写真右側)は20パックで8ドルなのですが、バラエティパックがないため、同一の味が20パックで、ちょっと飽きてしまう・・という懸念があります。その点、このオススメの缶は5パックなので、2種類買って同じ方にあげてもよいと思います。味はもちろん「Hot Cinammon Spice」がオススメです!

ニューヨーク郊外クイーンズの公園で子供向け遊園地「Fantasy Forest」を発見しました

こんにちは、いろっぷです。先日、ニューヨーク郊外クイーンズにある「Flushing Meadows Corona Park」に車で行ったところ、その中に偶然発見した「Fantasy Forest」という遊園地がワクワクする内容だったので、写真つきでレポートしたいと思います。

 

Fantasy Forest

主に子供が対象の遊園地で、入場は無料、アトラクションが10個程度の施設です。カラフルな園内を貸し切ってバースディパーティを行うプランなどもあるようです。前売りで1チケットが3.5ドル、1チケットで乗れる乗り物がほとんどでした。平日は午後4時まで乗り放題のUnlimitedチケットが25ドルで販売されています。

 

HPはこちら。→ Home - Fantasy Forest

f:id:iroppu:20170519025436j:plain

フラッシング・メドウ・コロナ・パーク内にあります。

乗り物紹介

f:id:iroppu:20170519025344j:plain

早速乗り物を発見!「CORONA CHOO CHOO」!ゆっくりしたスピードで走っています。

f:id:iroppu:20170519025348j:plain

続・コロナチューチュー。

f:id:iroppu:20170519025352j:plain

男の子に大人気の、カートもあります。

f:id:iroppu:20170519025357j:plain

こちらがメインとなる「フラッシング・メドー・カルーセル」近くで見ると、結構スピードが早いです。

 

Fantasy Frog Hopper

f:id:iroppu:20170519025401j:plain

クールな少年が一人で乗ってました。ニコリともせず去っていきました。ほんの少し、アメリカの闇をみた気がします。

RISING WATERS

f:id:iroppu:20170519025417j:plain

今回一番印象に残ったゲームがこちらです。なんとこのアトラクション、10個ぐらい設置してあるピストルの中から自分の「ウォーターピストル」を1つ選び、よーいドンの合図でそのピストルに力を入れ、筒に水を入れていきます。水面が迫り上がって行くのですが、一番最初に水面が天井まで到達した人が勝ち、人形がプレゼントされる、という、遠くから見ていたら何が起きているかわからない、なんとも地味なゲームなのです!日本では見たことがなく、面白かったので眺めていたのですが、アジア人のお父さんが2連勝してぬいぐるみを2個もらっていました。小さい子供が睨んでいました。

f:id:iroppu:20170519025413j:plain

景品の中にファインディング・ニモを発見しました。どこなく日本で見るニモと顔つきが違うように感じます。

 

 

この遊園地だけでなく、周りの公園もオススメ

f:id:iroppu:20170519025424j:plain

 この遊園地は、巨大なフラッシング・メドウズ・コロナ・パーク内にあります。公園内にはクイーンズ博物館があり、全米オープンが開催される場所でもあります。1964年の万博博覧会の際に建てられたシンボルが、今でも残っています。この建築は近くで見ると圧巻です。

f:id:iroppu:20170519025340j:plain

ユニバーサルスタジオジャパンの地球儀より、大きいです。

 

f:id:iroppu:20170519025420j:plain

子供たちが大好きなソフトクリームのフードトラックもあります。この日は肌寒く、まだ冬用コートを着ていたのですが、4人ぐらいの子供がカラフルなソフトクリームを食べていました。子供はいつでも元気だなぁ。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。「Fantasy Forest」をはじめ「Flushing Meadows Corona Park」を紹介しました。マンハッタンからは電車で30分ほどのアクセスなので、お子様づれの方、自然が好きな方は楽しめると思います。ぜひ足を運んで見てください。

初心者がはてなブログProにアップグレード後に行ったPC・スマホ用カスタマイズ

はてなブログProにアップグレードしました。そして、過去から読んでいただいている皆様はすでにお気づきかもしれませんが、大幅にデザインをカスタマイズしました

 

紆余曲折あって苦戦した、Proへのアップグレードまでの道のりはこちら。

 

さて、今回ははてなブログProにしてからカスタマイズした箇所をまとめ、実際に見た参照ページを記事としてまとめました。初心者の方で、Proにアップグレードした後にどんなカスタマイズをしようか?と考えている方の参考になれば幸いです。 

 

PCスマホ共通設定:広告・キーワードリンク設定など

設定>詳細設定の以下3つにチェックを入れる。

・キーワードリンクを付与しない

・はてなによる広告を表示しない

・ヘッダとフッタを表示しない

f:id:iroppu:20170518122316p:plain

スマホ:デザインを大幅に変更

一番やりたかったのがこれ。スマホからの閲覧が50%もあるのに、ここに手を入れずしてどこに手を入れるのか。という訳で、早速修正していきます。

 

行った設定は以下。

 

・ヘッダー画像のサイズを変更

これはMacの標準「プレビュー」機能で画像をトリミングしました。スマホではPC画像と同じだと面積が専有されてしまうため、バナー画像のサイズを小さくしました。

・記事一覧のデザインを変更

比較的最近書かれた記事のようです。男性っぽいイメージで、かつ色味が少し強めなので、カラーコード・線幅を調整してしろベースに修正しました。脱線しますが、このブログの筆者さん、はてなにAdsense貼ってないみたいだけど、どうやって収益2万円あげたんだろう・・?

 

ボタンに表示するアイコンは、こちらを参考にしました。アイコンWebフォントのコード対応表を記載されているため、非常にわかりやすく参照しやすかったです。

 

・「複合メニューバー」を導入する

こちらを参考にしました。ありがとうございます!

 

・シェアボタンのカスタマイズ

こちらを参考にしました。ありがとうございます!

こちらのコードでは、ブックマーク数の読み込みのクエリで時間がかかっていたようなので、そのコードを削除して表示しています。

 

 

楽しくなって熱中しすぎた結果、あっという間に5時間が経過していました・・・CSSをセレクタまで見て編集するのは、1年前に担当したWebサイトのお仕事以来です。仕事なら納期があるのでまだ良いのですが、愛着のある自分のブログだからこそ、時間を決めて編集しないとどんどん欲望が出てきてしまいますね。のめり込みすぎに注意して、カスタマイズを楽しんでください。

 

設定・カスタマイズ前後

f:id:iroppu:20170519040756j:plain

 ちょっとまだごちゃごちゃしていますね。あと、はてなユーザでログインしているので、画面キャプチャ時に「編集」ボタンがタイトル右上に出てしまってます。頃合いをみて、また修正しようと思います。

 

今後追加で行おうと思っていること

今後やりたいことは以下です。

・あわせて読みたい 関連記事の表示ウィジェットの検討

・スマホ用トグル実装

 

初心者の方で、Proにアップグレードした後にどんなカスタマイズをしようか?と考えている方の参考になれば幸いです。

海外在住者がはてなブログProにアップグレードする方法

f:id:iroppu:20170518045819p:plain

先日、はてなブログProにアップグレードしようとしたところ、衝撃の事実が発覚しました。

 

海外在住者は自力では「はてなブログProにアップグレードできない」のです!!

 

厳密には、初期設定のままでは、です。現在筆者はアメリカに住んでいるのですが、Proにできず苦戦しました。その後、紆余曲折あり、はてなProに無事アップグレードできたので、つまずいた経緯と、その解決方法を記載したいと思います。

 

海外在住者だとどんなエラーが出るのか

f:id:iroppu:20170518030606p:plain

 

はてなブログPROに申し込んでいない方は、「記事の管理」画面の右上に「Proにアップグレード」というリンクが表示されていると思います。 そして、そのリンクをクリックして申し込もうとすると・・

f:id:iroppu:20170518030641p:plain

なんと「Not available」になります。仕事の検証プログラム以来です、こんな文言を見たのは。。ネットワークの問題ではなさそうなので、心当たりのある「海外からの接続IP」「登録クレジットがアメリカのもの」「登録時に選んだ国がアメリカ・・?(うろ覚え)」を頭のすみに置きつつ、はてなブログのヘルプを必死に読みました。

 

そして、やっと該当するであろう文章を発見。

はてなブログPro(有料プラン) - はてなブログ ヘルプ

f:id:iroppu:20170518041326p:plain

「※はてなユーザー登録時に「日本」以外の国を選択されているユーザーの方は、現在はてなブログProをお申し込みいただくことができません。あらかじめご了承ください」

 

これだ!

そこで、はてなのサポート窓口に下記のように問合せました。

はじめまして、いろっぷと申します。

現在はてなブログを初めて2ヶ月経ち、はてなブログProに申し込みを行おうと思ったところできなかったため、ヘルプなどを参照したところ、「※はてなユーザー登録時に「日本」以外の国を選択されているユーザーの方は、現在はてなブログProをお申し込みいただくことができません。あらかじめご了承ください」との記載を発見しました。

スマホ対策のCSSカスタマイズを行い、独自ドメインも取得するため、どうにかはてなブログProにしたいのですが、読者さん・ブックマークもついているため、ブログ登録を最初からやり直す以外の方法はございませんでしょうか?

現在、アメリカにおりますが、しばらく日本と行き来する生活が続くこともあり、今から「日本」に設定変更していただく方法や、もし日本のIPやクレジットカードでしか操作できない等もありましたら、そちらの方法をご教授頂けないでしょうか。

大変お手数をかけますが、よろしくお願いいたします。

 

1日経って以下のような回答がありました。とても丁寧な返信でした。

 

f:id:iroppu:20170518041509p:plain

どうやら、海外には「はてなポイント」を法務上販売できないというルールがあるようですね。ですが、海外在住者であっても「日本に定常的な連絡先がある場合」はてなポイントを購入できる、すなわちProにアップグレードできるようです。日本に帰国することが多く日本にも連絡先があるため、その旨を返信すると、手動で国情報をアメリカ→日本に変えて頂けたようで、1日後には反映されていました。

 

「国情報」を「日本」へ変更してもらう方法

という訳で、日本にも度々帰国する予定がある方で、日本に定常的な連絡先がある方は、以下お問い合わせフォームからストレートに「国情報の変更」をお願いしてください。

はてなブログ - お問い合わせ - はてな

 

海外在住者がはてなブログPROにアップグレードする方法は、ズバリ「最初から日本を選ぶ」または「はてなご担当者に手動で国情報を変更してもらう」という方法しかありません。これからはてなPROにアップグレードすることを想定されている方は、登録時の国は必ず「日本」を選択してくださいね。登録国を他国にするメリットは、今の所、ないはず。

 

国情報の確認方法

なお、ユーザ設定画面から、現在登録している国情報を確認できます。

f:id:iroppu:20170518033951p:plain 

問い合わせ前には 国:アメリカ となっていたのですが・・

 

f:id:iroppu:20170518034702p:plain

変更依頼後に 国:日本 に変更され、こうなると、はてなProのリンク先が通常のはてなProの申し込み画面になります。

 

まとめ

今後海外に移住する予定があり、1からはてなブログをはじめようと思っている方は、はてなID登録、はてなブログ新規登録時に、必ず 国:日本 を選択してください。また、初期登録で日本以外を選択してしまっている場合は、お問い合わせフォームからはてなのご担当者に国情報の変更を依頼してください。

 

 

その後、Proにするための「はてなポイントの購入」、その先の「独自ドメインの設定」等は以下記事を参考にさせて頂きました。

【2017年版】はてなブログPROに移行、からの独自ドメインを設定する方法 - MUTANT

 

そもそもはてなブログPROにアップグレードした動機としては、スマホ用のカスタマイズが行える、Adsenseが貼れる、といった点があるので、そちらも実行次第また記事にしたいと思います。

 

まさかこんな記事を書くことになるとは思っていませんでしたが、現在海外に在住している方、これから海外でブログをはじめようとしている方、外国の方を対象としたブログを日本で行おうと思っている方で、さらに、はてなブログProへのアップグレードをお考えの方の参考になれば幸いです。ではでは。

【フェス】タイコクラブ2016の感想とオススメの持ち物紹介

ずいぶん前になりますが、日本が誇るキャンプフェス「TAICO CLUB '16」 に参加しました。以前書いていたメモからやっと書き起こしたので、紹介したいと思います。
 

長野県のこだまの森キャンプ場で、オールナイトで行われるフェス、TAICO CLUB '16に参加してきました。

f:id:iroppu:20170517024153j:plain

 前年も参加しているので過ごし方や段取りはわかっていたのですが、細かい部分で次回への反省点が生まれます。来年への備忘録も兼ねて、感じたことを書き連ねます。また、実際にキャンプフェスで使ってみたグッズの中で、オススメのものを紹介します。
 

見たアーティスト

f:id:iroppu:20170517024219j:plain

toeハナレグミ、サカナ、oneohtrix point never、tycho、LUCKY TAPES、Losoul
1番見たかったKinkを寝落ちで見逃すという失態!個人的ベストアクトはtoe。野外で聴く、なんとも心地良いセッション。アーティストは撮影禁止なので、オシャレな人達を激写した写真で代用。このフェス、ファッショナブルな方が多く、服装も見ていて飽きません。
 

持ち物

・イス

f:id:iroppu:20170517024247j:plain

【ヘリノックス タクティカルチェア】は、960gという軽量ながら、座り心地が良く素晴らしいです。フジロックは持ち運びできる椅子が必須ですが、タイコクラブではステージにイスを持ち運ばないため、テントの側に常設しておきました。この後、フジロックにも持参しました。軽いしコンパクトになるし、何より座り心地がいいです。かなりオススメです。
 
・キャリー

f:id:iroppu:20170517025143j:plain

 【DOPPEL GANGER OUTDOOR】のキャリー。駐車場から会場のテントサイトまで歩いて30分程の距離があるため、キャリーが貧弱だと地獄です。去年はドン・キホーテで購入した簡易キャリーにテントを積んで臨みましたが、コンクリートが舗装されていなかったり坂道だったりして移動が辛い上、使った当日に崩壊しました。そのため、事前にネットで調べて評価のよかったこちらのキャリーを購入して持参。メッシュなので水で丸洗いできます。折り畳めるので写真よりコンパクトになりますが、ある程度の大きさになるので、ワンルーム6畳の方だとあまりオススメできません。収納場所があってキャンプに何度も行く方は、オススメです。
 
・リュック

f:id:iroppu:20170517030114j:plain

【Karrimor ridge 30】四年前から使用しているアウトドアザック。枕を持って来ていないので、これを枕にして寝ます。着替えなどをまとめて入れておき、基本的に寝る前にのみ開けます。キャリーでまとめてテントまで運ぶので、タイコクラブでは大容量のキャリーがあればザックは不要だと思います。移動の時にはザックを背負ってキャリーを押した方がスイスイ進める場合もあるので、普段登山をするって方は是非。
・テント

f:id:iroppu:20170517030134j:plain

2015年フジロック以来使用する機会がなかった、【MSR HUBBA HUBBA】。写真ではレインフードをとってます。かっこよくて一目惚れで購入しました。2人用で、1人だとゆったり使用できます。それなのにめちゃめちゃ軽い。直射日光が無ければ、上記のように中は丸見えですが、虫が入ってこず通気性バツグンの状態で使用することもできます。少し高価ですが、ずっと使えるものなので買って損はないと思います。オートキャンプで、というよりは、タイコクラブのようなキャンプフェスで、身軽に参戦する時にちょうど良いと思います。

 

・クッカー

f:id:iroppu:20170517030208j:plain

 【EPI ATSチタンクッカー】は、もうキャンプで5回程使用しているお気に入り。チタン加工で焦げません。SOTOのガスバーナーを平らな場所にセットして、持参した飲料水をシェラカップに入れ、10分程待つと、お湯になります。

f:id:iroppu:20170517030222j:plain

今回は無印良品のしらす雑炊を朝方に作りました。温かいものは寒い朝にほっとします。
 

 

f:id:iroppu:20170517030358j:plain

雨の長野は極寒で、この0度まで耐えれるシュラフ【monbell Spiral Down Hugger #3】×長袖3枚でギリギリ耐えました。冬用と言わないまでも、夏用ではない寝袋は必須です。これだけでは寒かったので、次の日の着替えなどをシュラフの上からかぶって寝ました。
・テント用ライトf:id:iroppu:20170517030241j:plain
 かける部分がたためてコンパクトになるのは良いですね。新宿のエルブレスで購入。
 
・ヘッドライト

f:id:iroppu:20170517031123j:plain

BLACK DIAMONDのヘッドライト。ライト部分はシンプルに白一色ですが、とにかく明るいので手元が見えやすい。明るいので、直接見たら目が痛くなります、注意!
 
・帽子

f:id:iroppu:20170517031102j:plain

出展していたお店で購入。確か二千円ぐらいだったと思います。
 

思い出

f:id:iroppu:20170517031145j:plain

友人に、パンガン島のフルムーンパーティで飲んだというバケツカクテルを作ってもらいました。バケツに、カラフルなストローを突っ込んでみんなで飲みます。アウトドアイベントにおいて、こういうちょっとしたワクワク要素を提供できる人って素敵ですね。
 
 

近場を観光

フェスは土曜14時〜日曜15時頃まで行われるので、テントを早めに片付けて撤収すると、日曜午後は観光に当てることができます。
 f:id:iroppu:20170517031205j:plain
会場から車で20分程度離れた観光地、「奈良井宿」を観光してきました。「お茶壺道中」という、お茶壺を献上する習わしのイベントがたまたま開催されていたので、ラッキー!ということで見てきました。

f:id:iroppu:20170517031306j:plain

街並みが美しいので、イベント事がなくても十分楽しめます。年齢問わず、お勧めの観光地です。食べ物も安価で素朴なものが多くて満足度大。
 

f:id:iroppu:20170517031252j:plain

コスプレさせられてる猫が居ました。
無理矢理着せられてる感・・笑
 
 

次回への反省点(持ち物)

・ビニールシート
足場が良いとは限らず、別売りのMSRのグラウンドシートをひいてましたが、やぶれそうで不安でした。安いビニールシートを下に引き、グラウンドシートをその上にひくのが良いです。
 
・古いタオル
捨てて良いタオルがあれば良かったです。今回は夜から朝方まで雨で、テントを畳む昼頃まで干していたのですが全く乾きませんでした。そこで、汚れて捨てても良い古いタオルを持ってきておき、テントをふければ良かったなぁと感じました。
 
・折り畳みテーブル
森の中でキャンプをするので、平らな場所がなく、飲み物を安定しておける場所がありません。少し平らな丸太がある場所までイスを持って移動し、結果的にテントから少し離れて飲食を楽しむこととなりました。ちょっとしたことでテントまで移動しなければならないので、軽めのローテーブル1つあるだけでもっと過ごしやすかったのにな、と感じました。
 
・虫除けスプレー
スパッツを履いていたので大丈夫だろうと思っていたのですが、気付かないうちにスパッツの上から二箇所噛まれていました。自然の中で育った虫はワイルドです。服の上からでもスプレーすることをオススメします。
 

まとめ

タイコクラブは、森の中で、音楽メインにもキャンプメインにも楽しめるフェスです。

今回はキャンプメインで楽しみましたが、好きなアーティストが出る場合は、タイムテーブルを事前に見て、その時間にコンディションを最高に持ってこれるように昼寝等で調整することをオススメします。

また、キャンプ用品は1度初期投資して揃えてしまうと、フェスの度に出費は不要なため、良いものを早めに買ってしまうことをオススメします。

 

Twitterこちら