いろたし日記

ボードゲームとアメリカ生活をメインとしたブログです。誰かの人生にちょっとだけ色を足すようなブログになれたら。

MENU

マイ・インターンのロケ地、ブルックリン発カフェ「TOBY'S ESTATE(トビーズ・エステート)」紹介

ブルックリンを代表するカフェ「TOBY'S ESTATE(トビーズ・エステート)」に行ってきました。

 

Toby's Estate Coffee - Brooklyn Coffee Roasters

 

地下鉄L線「Bedford Ave駅」から徒歩10分でつきます。

この店舗は「マイ・インターン」のロケ地として使用されたことで有名です。

 マンハッタンにも支店を出店しています。

 f:id:iroppu:20170725124114j:plain

 

一歩足を踏み入れると、めちゃめちゃおしゃれな店内に圧巻。壁にはビンテージグッズが所狭しと並べられています。晴れた日の休日、本を読んで自分の時間を楽しむお客さんもたくさん。こんな風に余裕のある大人になりたいものです。

 

f:id:iroppu:20170725124043j:plain

この日、店内が少し寒かったので、ホットのジャスミンティーを注文。ニューヨークでは、「グリーンティー」と記載してあっても緑茶とは限らず、紅茶全般が出てきます。とても美味しくいただくことができました。

 

f:id:iroppu:20170725124051j:plain

カフェの多い、ブルックリンのベッドフォードエリアは、今マンハッタンよりもアツい地域です。これからもどんどん開拓して行こうと思います。

 

NYで人気のスイーツ店「two little red hens(トゥーリトルレッドへンズ)」でチーズケーキを食す

ニューヨークの大人気ケーキショップ「two little red hens(トゥーリトルレッドへンズ)」に行ってきました。

 

TWO LITTLE RED HENS ~ An American Bakery

 

f:id:iroppu:20170723234126j:image

夜に到着。遅い時間の、禁断のスイーツです。

 

f:id:iroppu:20170723235943j:image

キッチュな外装。アメリカン・ホームという感じ個性的。

 

 f:id:iroppu:20170723234242j:image

そして店内に入ると、大混雑。お店の奥でオーダーしてから、会計は手前のカウンターで払うシステムです。

 

f:id:iroppu:20170723234137j:image

 ニューヨーク・チーズケーキと、珍しい名前のブルックリン・ブラックアウトを注文。

f:id:iroppu:20170723235955j:image

ニューヨーク・チーズケーキの方は、しっとり甘すぎず、アメリカにしては上品な味です。

 

f:id:iroppu:20170723235944j:image

ブルックリンの方がビターな味かと思いきや、こちらの方が甘い。ニューヨーク・チーズケーキの方が、断然オススメです。

 

 

ブライアントパーク周辺ランチなら「Untamed Sandwiches(アンテームドサンドイッチ)」のサンドイッチがヘルシーで超おすすめ。

カロリーの高い食事がニューヨークにはたくさんありますが、ちょっとヘルシーな食事をしたい日ってありますよね?そんな日におすすめな、とっても美味しい「Untamed Sandwiches(アンテームドサンドイッチ)」の紹介です。

 

 

Untamed Sandwiches

 

f:id:iroppu:20170722212455j:plain

ブライアント・パークのすぐ近くにある「Untamed Sandwiches(アンテームドサンドイッチ)」には、平日のお昼時を過ぎても、サラリーマンたちがたくさん訪れる人気店です。注文したサンドイッチを片手にテイクアウト、サクッと店内で食べる方もいらっしゃいます。

 

f:id:iroppu:20170722212451j:plain

シックな感じの店内です。イートイン席が12席ほど。トイレもちゃんと奥にあります。

 

f:id:iroppu:20170722212441j:plain

このお店は、餌にまで気を使った牛や鳥のお肉が使用され、グルテンフリーのパンも選択することができるなど、健康意識が高いサンドイッチ店です。暑い夏でもスープは具沢山で人気、たくさんの人がセットで注文していました。パンでお腹いっぱいになりそうな場合、中の具とグリッツやサラダがセットになったプレートも選べます。

 

 f:id:iroppu:20170722212445j:plain

お店で一押しされている、こちらの「SLOPPY GRINGO」を注文。ドリンクはジンジャエール。サンドイッチの具材が珍しく、さつまいも、パクチーのようなもの、オニオンに、サルサソースがあえてあります。噛むたびに、違う食感・味わいが舌に届き、とっても美味しい!この他にも、「ZENERAL ZAPATA」「THE BUTT」など、一見どんなものが入っているかわからない個性的なサンドイッチがたくさんあります。店内の黒板に具材がちゃんと書いてあるので、苦手な食材は抜いてもらうことができます。たくさん種類があるので、またリピートして行って来ようと思います。

 

旅のお供のグルメ本にはこれもおすすめ

最近、グルメ本として優秀なガイドブックを買ったので、街にでた時の食べ歩きが捗って仕方がない状態です。ニューヨーク在住のため、ガイドブックまで買う必要はないかなぁなんて思っていたのですが、この本は情報量が多く「サンドイッチ」「バー」など食のカテゴリに別れているため、かなり見やすいです。今日のお店もこの本から情報を得て、美味しそうなので行ってみました。

 

 

 

なお、この本はグルメに特化しているため、定番の観光ガイドを買った次の「二冊目」におすすめです。よければ読んでみてくださいね。

ブルックリンのBedouin Tent(ベドウィン・テント)でひよこ豆のファラフェルでランチ

ブルックリンのダンボ近くにある中東料理店「Bedouin Tent(ベドウィン・テント)」。絶品料理ファラフェル食べてきたので紹介したいと思います。

 f:id:iroppu:20170722000527j:image

連日混雑していて、ディナーは待たないと入らないという前評判を聞いたので、平日のお昼に行ってきました。Bedouin Tent(ベドウィン・テント)とは、砂漠遊牧民のテント、という意味を持つそうで、店員さんもみなさん中東系の方です。

 f:id:iroppu:20170722000539j:image

メニューはこんな感じ。ピタを使ったメニューが大量にあります。どれもボリュームはかなりあるので、ニューヨーク全体の飲食店の物価を考えるとかなりリーズナブルに異国料理をいただくことができます。

 f:id:iroppu:20170722000603j:image

ファラフェル・サンドイッチを注文。ひよこ豆のコロッケとレタス・トマトがピタに挟まれています。使用されているソースはタヒニソースという種類で、香辛料が少しピリッとしています。かなりボリューミーで、かつ美味しい!満腹になりました。

 

これで6ドルはかなりお得!実際1人では食べきれず、残りをテイクアウトにしてもらいました。f:id:iroppu:20170722000627j:image

最初からテイクアウトでのオーダーも可能です。一風変わったサンドイッチのファラフェルを片手に、ブルックリンの町歩きのお供にいかがでしょうか?

 

その他ブルックリンの観光スポット情報はこちら。

 

www.iroppu.com

NYロングアイランドのクリストファー・モーリー・パークのファーマーズマーケットに行って来ました

ニューヨーク郊外ロングアイランドの、クリストファー・モーリー・パークのファーマーズマーケットに行って来ました。のどかなファーマーズマーケットかと思いきや、結構活気のあるマーケットで、買い物を楽しむことができましたので、紹介したいと思います。

 

Chris Morley Park Farmer's Market

 

f:id:iroppu:20170720082438j:plain

毎週水曜日の朝7時から昼の1時まで開催されており、買い物客で賑わっています。

 

屋台がたくさん!

f:id:iroppu:20170720082532j:plain

こちらがお目当の「OrWashers」のホームメイドのパン屋さん。こちらのパンが美味しいと聞いていたので、友人と半分ずつ購入しました。アメリカでは美味しいパンがそんなに手に入らないので、美味しいパンを購入できる貴重なお店です。

 

 

f:id:iroppu:20170720082536j:plain

マカロンのお店や、イタリアンチーズのお店なんかも出店しています。

 

f:id:iroppu:20170720082539j:plain

日が燦々と降り注いでいるため、アイスコーヒー屋さんは大人気。行列ができていました。コーヒーの種類も多く取り揃えられています。

 

f:id:iroppu:20170720082524j:plain

こちらはたくさんの種類の果物たち。ベリーや、日本っぽいさくらんぼがあります。たくさん入って、4.5ドル!

 

f:id:iroppu:20170720082528j:plain

フードトラック型の出店もあり、大きな声で盛大に購買を勧められました。田舎街ですが、ファーマーズマーケットらしからぬ活気があります。

 

f:id:iroppu:20170720082552j:plain

多くのお客さんが目当てにする、新鮮な野菜売り場!新鮮なお野菜が、大量に売っています。10時過ぎに行ったのですが、人気のトマトは10時前に売り切れてしまうそう。手に入らなかったのは残念ですが、次回また挑戦したいです。

 

f:id:iroppu:20170720082548j:plain

その他、ズッキーニや、赤いビーツ、シマシマ模様の珍しいビーツなどが販売されていました。この日は、ズッキーニを黄色と緑色一個ずつ買って、2.5ドルでした。生産者から直接購入できてこのお値段なら、満足です。

 

 

f:id:iroppu:20170720082520j:plain

美しいひまわりが流通しはじめたようです。手前の、大きめの花束で10ドル、奥の小さなプランター達は4ドルでした。アメリカで手に入れるお花は品種が少なく少し高めという印象ですが、シェアして購入するのであればお手頃価格です。新鮮なお花を久しぶりに見て、幸せな気分になりました。

 

遊具もおすすめ

f:id:iroppu:20170720082514j:plain

その他、この公園は屋外プール・遊具が充実しているため、子供連れのお母さんに大人気の場所です。ポートワシントン方面から、日本人の方も来られていました。

 

毎週水曜日はファーマーズマーケットが開催され、遊具でも遊べるので、お子様がおられる方は是非訪れて見てくださいね。

 

ニューヨーク郊外ロングアイランドのその他スポットはこちら。

www.iroppu.com

www.iroppu.com

www.iroppu.com

 

www.iroppu.com

世界唯一の任天堂直営店「ニンテンドーワールドストア」NY店!スプラトゥーン&ゼルダ&Switchフィーバー!

f:id:iroppu:20170711000109j:plain京都に本社のある、日本が誇るゲーム会社「任天堂」。その世界唯一の直営店が、なぜか日本ではなくニューヨークにあります!

 

と言うわけで行ってきました、「ニンテンドーワールドストア」。

f:id:iroppu:20170711000231j:plain

ガラス張りの、シンプルなカラーの建物外観。マンハッタンのタイムズスクエア周辺はカラフルですが、この辺りは落ち着いたカラーの建物が多く、街に馴染むカラーです。観光地「ロックフェラーセンター」の近くです。

 

 店内の様子

f:id:iroppu:20170711000102j:plain

土管マリオがお出迎え。

 

 

一階はグッズ販売コーナーと試遊台のゾーンです。

f:id:iroppu:20170711000223j:plain

nintendo Switchのブースで「ARMS」「ゼルダ」の試遊がでて、たくさんの子供達が夢中で遊んでいました。

 

f:id:iroppu:20170711000216j:plain

そしてグッズコーナー。こちら、めちゃクチャ直球勝負のTシャツです。アメリカでは漢字Tシャツをきている人もたまに見かけるので、このTシャツも人気が出そうですね。

 

f:id:iroppu:20170711000219j:plain

懐かしいファミコンの、ニューヨーク限定Tシャツ。レトロな柄も取り扱っているみたいです。

 

 

f:id:iroppu:20170711000117j:plain

こちらはフィギア展示のコーナー。スプラトゥーンのキャラ達もしっかり仲間入りしています。

 

f:id:iroppu:20170711000208j:plain

1階にあったもので個人的に一番気に入ったのがこちら、ドンキーコングのタルの充電ブースです。なぜDKバレルが街のホットステーションに・・

 

f:id:iroppu:20170711000058j:plain

そして、店内の床にあるニンテンドー・マンホール。まわりのマークがピクトグラムっぽくて可愛いです。どことなくディ○ニーに似ているような・・。

 

 

 

f:id:iroppu:20170711000127j:plain

お次は2階へ向かいます。エレベーターの上にある、各キャラたちのシルエットも可愛い!それぞれ誰かわかるかな?

 

 

2階フロアにはファン必見のグッズが!

エレベーターで2階に上がると、ゼルダ・ポケモンのグッズ、試遊台+ファン必見のショーケースがあります。

 

 

f:id:iroppu:20170711000113j:plain

ポケモンのグッズコーナーもまだまだ健在していますが、ゼルダグッズの方が人が多かった印象です。

 

 

f:id:iroppu:20170711000131j:plain

大きなパネルでゲームの試遊、1階のように小さなディスプレイでも試遊を行っています。手前に見えるのがショーケースです。

 

f:id:iroppu:20170711000105j:plain

まず、ZELDAのチェスセットが展示されていました。コマの作りがきめ細かく、これはボードゲーマーとして普通に欲しい!

 

 

f:id:iroppu:20170711000121j:plain

そしてこちら、なんと湾岸戦争で爆撃された機体、初代ゲームボーイをそのまま展示しています。変色し変形したゲームボーイ本体の展示から、日本企業ニンテンドーの技術力を感じさせられました。

 

f:id:iroppu:20170711000134j:plain

窓際に輝くメタナイト。

 

 

f:id:iroppu:20170711000138j:plain

「SUPER NINTENDO」。ボタンの色がグレーなのです。

 

f:id:iroppu:20170711000142j:plain

私が生まれていない時代の「TV-GAME15」。DJ機材についているようなつまみがあるんです。

 

f:id:iroppu:20170711000153j:plain

ゼルダの年表なんかもあります。

 

f:id:iroppu:20170711000157j:plain

ゼルダのゲーム販売直後ということもあり、ショーケースはゼルダ関連の展示多めです。

 

 

f:id:iroppu:20170711000204j:plain

試遊ブースでは、スプラトゥーンが遊べる・・のかと思いましたが、こちらはプロモーション映像のみ。

 

 

 

 

f:id:iroppu:20170711000146j:plain

「ARMS」というゲームが人気のようで、大人も試遊の待機列で並んでいました。

 

f:id:iroppu:20170711000227j:plain

ゴールドのマリオを拝みながら、店舗をあとにしました。 

 

 

 

ニューヨークのその他ショップ情報はこちらからどうぞ。

 

www.iroppu.com

 

www.iroppu.com

ニューヨーク・ブロードウェイのミュージカル「スクール・オブ・ロック」オススメ楽曲紹介

f:id:iroppu:20170517034747j:plain

ニューヨークでブロードウェイ「スクール・オブ・ロック(School Of Rock)」を鑑賞しました。興奮覚めやらぬまま、なるべくネタバレしないようにスクール・オブ・ロックについて紹介します。

 

スクールオブロックのあらすじ

デューイはロックを心から愛するギタリスト。 しかし、あまりにも身勝手なパフォーマンスが原因で愛想を尽かされてバンドをクビになってしまいます。
デューイは親友のネッドとルームシェアをしていましたが、ネッドの恋人・パティに、滞納している多額の家賃を払うよう請求され、追い出される事に。そんな時、ネッドあての臨時教師の依頼電話をデューイが取ってしまいます。高額の給料を耳にしたデューイはネッドになりすまし、名門ホレス・グリーン学院の臨時教師になることに!
この学校は、自分とは全く違う人生を歩んでいるエリートクラスの子どもだけが通っており、給料目当てだけで飛び込んだデューイでしたが、子どもたちの中に潜んだ才能を見出し、同時に子どもたちも勉強だけの生活では見いだせない何かをデューイから感じ始め・・・

 

 

場所


Winter Garden Theatre

50th Street & Broadway, New York, NY 10003

 

 

当日の様子

f:id:iroppu:20170517034849j:plain

開演は14:00からだったので、30分前に会場に到着したところ、長蛇がすでにできていました。今日は「TodaysTix」というアプリで事前に購入したので、劇場前にいるTodaysTixの担当者からチケットを受け取り、その待機列に並びます。

 

入り口でチケットを見せる必要はなく、荷物チェックのみ行います。その後、チケットを見せると、該当する入り口に案内してもらいます。 

 f:id:iroppu:20170517034925j:plain

 グッズショップはこちら。ロックテイストの、赤と黒のグッズがたくさんあります。

 

さて、内容ですが、音楽で人が成長して行く様子が描かれているので、英語がわからなくても十分楽しめます。音楽がテーマのため、ミュージカル初心者の方にも良いと思います。

何より、主演の男性、のコミカルな動きと、チカラ強い歌声とのギャップが最高です。これまでミュージカルは聴かせる曲が多いと思っていたのですが、ロック調の曲がメインのミュージカルを初めて鑑賞し、声は感動を呼ぶのだなぁと感じました。そして、もう一つの見所は、子供達の演奏。リードギターの子役のギターが本当にうますぎて、劇中・終演時には拍手喝采スタンディングオベーション。彼の計り知れない将来が気になりましたとさ。

 

オススメ楽曲

使用されている音楽の中で一番のオススメは「Stick It To The Man」です。劇中でも何度もアレンジされて使用されており、元気が出る曲です。

しっとりした曲の中では、以下の「If Only You Would Listen」がオススメです。子供達の掛け合いも聴きどころです。