いろたし日記

いろたし日記

NY在住者による、ニューヨーク情報をメインとしたブログです。誰かの人生にちょっとだけ色を足すようなブログになれたら。

MENU

NYでおすすめのハンバーガー店8選!ランキング形式で紹介します

NY在住のいろっぷです。

 

最近嬉しいことに、日本の友人が遊びに来ることが多いです。

 f:id:iroppu:20171018132854j:image

こちらに遊びにきた友人たちが口を揃えていうのは「ニューヨークに来たなら、ハンバーガーを食べて帰りたい」というコメントです。

 

友達に、美味しいお店を勧めたい。

とはいえ、私も同じお店ばっかりではなく、新しいお店も開拓したい。

 

という訳で、現地でハンバーガー食べ歩きをして来た筆者によるハンバーガー店をランキング形式で紹介したいと思います。場所・コースに合わせて、行きやすい場所に訪れてみてください。

 

なお、ハンバーガー専門店だけでなく、ハンバーガー以外のメニューも提供している『アメリカン・ダイナー』も含めています。そちらの方が雰囲気がアメリカっぽいと言われることもあるので、雰囲気の評価も含めてオススメしています。

 

1.Shake Shack

f:id:iroppu:20171018133643j:image

日本でも行列ができる人気店。ニューヨーク発祥の代表的なバーガー、やはりお肉が間違いなく美味しい。せっかくなので、Shake Shack発祥の地であるマディソン・スクエア店に行って見てください。その他、マンハッタンに数え切れないほど店舗があります。おすすめメニューは「シャックバーガー」です。

 

https://www.shakeshack.com/

 

2.Burger Joint

f:id:iroppu:20171018133359j:image

高級ホテル内に隠れ家のようにある面白い店舗。ただ、そのオリジナリティもあいまって、行列は必須です。

 

タイムズスクエアから近い立地にあるので、観光コースにも混ぜやすい。もちろん、味もしっかりしていて美味しい。肉の味はシェイクシャックの方が美味しい気がします。が、パンはこちらの方が美味しい。日本未上陸、オリジナリティ面ではここを推します!

 

http://www.burgerjoint.nyc/

 

3.HB Burger

f:id:iroppu:20171018133722j:image

バーガーをメインとしたアメリカン・ダイナーで、他のものも美味しいです。食べたものなど詳しくは別記事に載せてるので、よろしければ。

http://www.iroppu.com/entry/us-ny-hbburger

 

http://www.heartlandbrewery.com/hb-burger2/amp/

 

4.Bareburger

f:id:iroppu:20171018133900j:image

こちらもマンハッタン内に数多く存在する、地元で人気のハンバーガー店です。オーガニック素材を使っているようで、味もどことなくソースが薄めで優しい味・・な気がします。

 

https://bareburger.com/

 

5.BLACK TAP

f:id:iroppu:20171018134055j:image

ハンバーガーは、ジューシーで美味しい安定の味。しかし、この店舗をオススメする理由は、これそアメリカ!なド派手な『ミルクシェイク』も飲めちゃうから。インスタで人気が出て、一時期はすごい行列でした。複数人で1つ頼むことをオススメします。一軒で二度おいしい、ハンバーガー&シェイクショップです。

 

http://blacktapnyc.com/

 

6.NECTAR

f:id:iroppu:20171018133333j:image

メトロポリタン美術館のすぐ近くにあるアメリカンダイナー。こじんまりとした店舗だからなのか、観光客が意外と少なく、現地の人で賑わっている穴場です。もちろん、ハンバーガーも変り種があって美味しいです。

 

メトロポリタン美術館やノイエギャラリー、グッゲンハイム美術館から徒歩8分圏内にあるので、美術館で疲れた足のランチ休憩におススメです。

 

http://www.eatnectarnyc.com/en/microsites/vendors/e/eatnectarnyc/

 

7.The clock tower

f:id:iroppu:20171018132854j:image

ここは、アメリカン・ダイナーというよりはかなりハイエンドなアメリカ料理店、というようなお店。ランチ時はそうでもなかったですが、夜は結構高価です。ハイセンスなインテリアも見もので、ニューヨークのホテルで優雅にブランチを食べている気分。メニューも豊富で、どれも美味しそうでした。

 

ザ・ハンバーガー!みたいなバーガーに飽きちゃった方は、是非おしゃれして訪れてみてください。

 

http://theclocktowernyc.com/

 

8.Ramen Burger

f:id:iroppu:20171018132910j:image

変化球のニューヨークらしいハンバーガーといえば、こちら『ラーメンバーガー』!ブルックリンのスモーガスバーグという野外屋台フードマーケットで食べられます。こちらも、変化球を望んでいる方は是非!

 

http://www.ramenburger.com/

 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。ガイドブックに載っていない店舗も選んだので、我こそはハンバーガーを食べて帰りたい!という方は、是非事前に計画して訪れてみてくださいね。

 

また良い店舗を発見したら、ランキングを更新しようと思っています。ではでは!

NYハンドメイドアクセサリー材料店(ビーズ・クラフト系)巡り10選

しばらく日本に帰国しており、ひさしぶりにマンハッタンを散策して来ました。

 

f:id:iroppu:20171014223928j:plain

 

 

今回は、ビーズ・クラフト系を中心とした「ハンドメイドアクセサリー材料店」巡りをして来たので、実際に回った10店舗を実用目線で紹介したいと思います。

 

ハンドメイド・アクセサリーが趣味で、ニューヨークに来られる方は、気に入った店舗でお気に入り素材を見つけてみてください♡では始めます!

 

1.Toho Shoji New York


品質の優れた日系パーツショップ。すでに何度も訪れているお気に入りのお店。大型の貴和製作所まできめ細やかな品揃えではないが、比較的安価で、一通り材料を揃えられる。ほぼ日本人が従業員なので、質問も可能。
http://www.tohoshoji-ny.com/

 

 

2.Brooklyn CHARM


日本にも出店しているパーツショップ。お店でパーツを選び、追加料金を払い完成させることもできる。そのため、パーツ1つ1つは比較的高価。これ!という可愛いビーズを少量買うのにうってつけのお店。親切な日本人の従業員さんもいて安心。土日にワークショップなども開催されている。
https://www.brooklyncharm.com/

 

3.Beads of Paradise


東南アジア・アフリカ諸国の変わったビーズや置物の販売店舗。
https://beadsofparadisenyc.com/

 

 

4.Mood Fabrics


生地のお店。約10cm四方のサンプルを頂けるのが有難い。気になる生地はどんどん試そう。
https://www.moodfabrics.com/

 

 

5.SHINDO USA INC.


布製品をメインとした店舗。リボンが豊富で、反射(リフレクト)テープなども売っている。
https://www.shindo.com/jp/

 

 

6.M&J Trimming


ボタンが豊富な店舗。天井が高く清潔感のあるお店です。
http://www.mjtrim.com/

 

 

7.Lou Lou Buttons


こちらもボタン専門店。変わったボタンが多い。
http://sideways.nyc/2014/01/lou-lou-button/

 

 

8.Beads World


ビーズを中心とした店舗。天然石やチェーンの取り扱いも多い。
https://www.beadsworldusa.com/

 

 

9.Bead Kraft


大量のビーズを扱う店舗。一連ビーズや基本パーツ(FINDINGS)も揃う。
http://www.beadkraft.com/

 

 

10.Trollbeads NYC


1点もののビーズを取り扱うショップ。
http://www.trollbeads.com/

マサチューセッツ州「Brimfield Antieque Show」ヴィンテージ・マーケットに参戦!

ご無沙汰しています、NY在住いろっぷです。

f:id:iroppu:20170911130433j:plain

この土日は、気になっていたヴィンテージマーケット「Brimfield Antieque Show」に行ってきました!

 

ニューヨークから車で向かいます。

 

マンハッタンを通り過ぎ、コネチカット州を超えて、マサチューセッツ州までドライブすること3時間半。なかなか長い道のりでした。

 f:id:iroppu:20170911130512j:plain

当日はこんな感じで晴天です。

 

いざ、ヴィンテージ・マーケットへ! 

f:id:iroppu:20170911130505j:plain

なかなか広大な敷地で、たくさんの人で賑わっています。

f:id:iroppu:20170911130256j:plain

ストップサインの道路標識なんかも売っています。

 

f:id:iroppu:20170911130302j:plain

こちらは、木製のドア。この撮影後、倒れてきました。笑

 

 

f:id:iroppu:20170911130306j:plain

こんな可愛い額なんかも売っています。よく見ると、ガラスにも切り込みがあり、ピンボールが実際に遊べるような仕掛けが。

 

f:id:iroppu:20170911130314j:plain

こちらは古い体重計。ガラスの丸い部分に乗ると、スロットが全て回り出します。この形式がレトロかどうかはわかりませんが、何とも味のある色味で可愛い!

 

f:id:iroppu:20170911130318j:plain

これは引き出しと見せかけた鉄琴のような楽器。何もしまうことはできませんが、音を奏でることができます。

 

f:id:iroppu:20170911130322j:plain

アメリカは庭が広い家庭が多いので、庭用の置物もよく見かけます。これはブリキでできたオブジェのショップ。変色していますが、元の色がビビッドなので、まだまだビビッドなオブジェたち。

 

f:id:iroppu:20170911130327j:plain

チェスの盤面がプリントされた小さなサイドテーブルですが、脚の部分が女性のヒールになっています。その発想はなかった・・

 

f:id:iroppu:20170911130332j:plain

日常的に使用できそうなビンテージチェアも販売しています。50ドルぐらいはします。

 

f:id:iroppu:20170911130336j:plain

こちらは、実際の「藻」をガラスに閉じ込めたビンテージガラス。素敵すぎてしばらく眺め、結局12ドルを10ドルに値切って買っちゃいました。

 

f:id:iroppu:20170911130340j:plain

お尻部分のマネキンが大量に。値札がついていないのですが、何なんでしょうか。

 

f:id:iroppu:20170911130348j:plain

ヨーロッパの蚤の市のような、食器が並ぶお店もたくさん。

 

f:id:iroppu:20170911130354j:plain

ナイフショップも多いです。

f:id:iroppu:20170911130358j:plain

これは可愛い!レトロな扇風機です。近づくと十分涼しかったので、割と実用的そうでした。50ドルぐらい。

f:id:iroppu:20170911130402j:plain

友人が買っていた、よくわからないラジオのような商品。コニカミノルタ、と書かれたものもありますが、ほとんどは知らないメーカーでした。

f:id:iroppu:20170911130406j:plain

アメリカンなものというよりは、異国情緒漂うものもたくさん。こちらは超大型絨毯で、10畳ぐらいの絨毯。相当広いです。

f:id:iroppu:20170911130410j:plain

庭に飾るような車も突然ポーンと販売されています。

f:id:iroppu:20170911130414j:plain

これは小さな道具たち。色味が抑えめで可愛いものばかり。

 

お昼休憩ランチ

f:id:iroppu:20170911130437j:plain

一応、小さなフードコートのようなものがあり、ハンバーガーなどを頼みました。

f:id:iroppu:20170911130422j:plain

ちょっと寂れているような感じですが、ちゃんと肉をその場で焼いてくれました。

f:id:iroppu:20170911130418j:plain

ベーコンが品切れだったので、チーズバーガーを注文。1つ5ドルぐらいだったのであまり味は期待していなかったのですが、お肉はしっかり美味しかったです。バンズは普通ぐらい。

掘り出し物を探しに散策

 

f:id:iroppu:20170911130445j:plain

レトロなレコードです。可愛い・・

 

f:id:iroppu:20170911130449j:plain

こちらは唯一のヴィンテージボタンショップ。こちらでたくさんボタンを購入しました。

 

f:id:iroppu:20170911130453j:plain

自転車が20ドル!

 

f:id:iroppu:20170911130457j:plain

少しだけですが、ボードゲームも発見。10ドルぐらいで、リーズナブルなものがたくさん。

 

計3時間ぐらい楽しむことができ、古着・ボタン・ガラスを購入できて大満足。レトロなものが好きな方は、是非行ってみてください!!

 

完全保存版!ニューヨークのエリア別おすすめレストラン・ショップリストまとめ!

NY在住のいろっぷです。食べ歩きが趣味となりつつあります。

 

さて、最近、日本から遊びにきてくれる友人に「ニューヨークでおすすめのお店教えて!」とざっくり聞かれることが多いのですが、ホテルのエリアや、絶対回りたい観光スポットの近く(徒歩圏内)、など、使える時間によったり、その友人の嗜好に激しく影響します。場所・嗜好が全てです。最近、身をもって実感しました。

 

というわけで、全友人・全この記事を読んでくれている皆様に捧ぐ!

エリア別にNYのおすすめレストラン・ショップをまとめました。

 

某まとめサイトのようにならないようにすべく、実際に来店した店舗のみ記載するポリシーとしています。

 

※注意

ニューヨークは物価が高く店舗の入れ替わりも激しいため、なるべく確認してから載せていますが、最新情報や営業時間は公式HPやGoogleを参考にしてください。

 

記事が気に入っていただけたら、ブックマークして観光リストとして使ってください。

 

 

マンハッタンのエリア名

マンハッタンのエリアは以下のようになっています。今回、ブルックリンは対象外としています。

 

f:id:iroppu:20170810000914j:plain

 

それぞれのエリアごとにおすすめを紹介します。

 

UPPER WESTSIDE(アッパーウェストサイド)

The Smith

エッグベネディクトが食べられます。サラベスもおすすめですが、日本未上陸のここSmithも抜群に美味しかったです。

 

www.iroppu.com

 

UPPER EASTSIDE(アッパーイーストサイド)

Nectar

メトロポリタン美術館から徒歩1分の穴場アメリカン・ダイナー。ここはハンバーガーがおすすめ。

Two Little Red Hens

ニューヨーク・チーズケーキのキッチュで可愛いお店。行列は覚悟で。変わったケーキ名「ブルックリン・ブラックアウト」は甘いのが好きな方は注文してみてください。

 

www.iroppu.com

 

 

EAST VILLAGE(イースト・ヴィレッジ)

Dinasaur Hill

こじんまりした可愛いおもちゃ屋さん。ニューヨークで一風変わったお土産を探している方は、ぜひ立ち寄ってみてください。

www.iroppu.com

 

HELL'S KITCHEN(ヘルズ・キッチン)

Kahve

f:id:iroppu:20170817043743j:plain


木×ピンクカラーが個性的なカフェ。席数は少ないですが、個性的な店内と、少し変わった風味のコーヒーを楽しみたい方は是非。

Print.

おしゃれで上品なアメリカン・ダイナー。少し高価ですがメニューが豊富で美味しいので、目上の人との接待や、久しぶりの友人との優雅な時間などに最適。ちなみにハンバーガーの価格は約20ドル。

TIMES SQUARE(タイムズスクエア)

Milos Cafe

f:id:iroppu:20170817043736j:plain


手作りのジャムやヨーグルトが人気のカフェ。新鮮な具材を使ったサンドイッチがおすすめ。

Burger Joint

高級ホテルの中の秘密基地のような場所にあるバーガーショップ。これぞニューヨーク・バーガー!というガツンとした味を欲する方、王道ではなくB級スポット探索のようなワクワク感を求めている方は是非行ってみてください。

 

Sarabeth's

日本でも大人気のサラベス。エッグベネディクト・パンケーキなど安定の味の料理を食べられます。セントラルパークに面したロケーションなので、ゆっくりブランチしてみては。

 

The Halal Guys

ニューヨークの屋台といえばここ、ハラルガイズ。サフランライスにたくさんの肉・具が乗った「ハラル料理」で、リーズナブルに8ドル程度でお腹いっぱい食べられます。ここは美味しかったので別記事書きます。

 

SOHO(ソーホー)

Harney&Sons

お土産ショップ。砂糖が入っていないのに甘い、個性的な紅茶「ホットシナモンスパイス」は一度飲んで欲しいです。試飲、カフェとしても利用できます。

www.iroppu.com

 

GREENWICH VILLAGE(グリニッチ・ヴィレッジ)

Black & Tap

f:id:iroppu:20170913034931j:plain

これぞニューヨーク!というカラフルなシェイクが飲めます。

 

UNION SUQUARE(ユニオン・スクエア)

NEWSBAR

大きな壁一面の赤いマガジンラックがあるカフェ。ニューヨークらしさを全部詰め込んだような、おすすめのカフェです。

www.iroppu.com

 

MIDTOWN EAST(ミッドタウン・イースト)

Upstairs

ホテルの最上階にあるルーフトップバー。夜景が見たい場合は、20時半以降に行くことをおすすめします。日が照っている間も、解放感があって良いですよ。

www.iroppu.com

 

Birch Coffee 

f:id:iroppu:20170806071637j:plain


日本にオープンしていないサードウェーブコーヒーショップ。ニューヨークは散策が基本なので、休憩がてら美味しいコーヒーが飲みたいならここです。

 

NYグリニッチヴィレッジ・ソーホー周辺でカフェ休憩「Birch Coffee」でサードウェーブコーヒーを - いろたし日記

 

TRIBECA(トライベッカ)

Kaffe 1668

f:id:iroppu:20170805131441j:plain


アボカドベーグルサンドが絶品。  羊をテーマにしたカフェ。

www.iroppu.com

 

Loopy Doopy Rooftop Bar

f:id:iroppu:20170805131918j:plain


ジャージーシティを眺める、コンラッドホテル最上階の贅沢なルーフトップバー。自由の女神も見えます。このお店独自の「Ice Pop」というカクテルアイスの入ったワインを頼んで、ニューヨークの景色に乾杯しましょう。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

この切り口以外にも「嗜好別」というのも大きいんですよね。実際にあった例として、スイーツを全然食べない女性友人にその嗜好を知らずに「チーズケーキが美味しい店」を教えても絶対行ってくれないし、ステーキとUSオープンにしか興味ない男性友人に「渾身の美術館リスト」を送っても「おお、見てみる!」だけでその後返信なし、など。。嗜好の不一致を身をもって実感しています。笑 皆さんもこんな経験あるんではないでしょうか。

 

という訳で、次回は食べたいもの別にまとめようと思います。

 

 

NYタイムズスクエア周辺「HBバーガー」で穴場ハンバーガーランチ・ディナー

怒涛の8月が終わりました。日本から友人のツアーコンダクターみたいなことやってたら、これ仕事になるんじゃないかとか思って来ました。観光の旅程を組むノウハウが少し溜まったので、まとめてまたアップしたいと思います。

 

さて、タイムズスクエア周辺のランチは激混みです。今回、定番のハンバーガーショップではなく、穴場のハンバーガーショップで食べたいという依頼を友人から受け、いいお店を見つけて満足だったので紹介したいと思います。

 

お店の場所

 

お店の外観 

 

f:id:iroppu:20170901114530j:plain

タイムズスクエアから歩くこと5分ほど、アメリカっぽいネオンサインが目印のお店です。

 

 

店内の様子

 

 

f:id:iroppu:20170901114526j:plain

 

店内はこんな感じ。一階はカジュアル、地下一階はラグジュアリーな感じで、パーティに使用されてそうです。ちなみにお手洗いは地下一階にあり、とっても綺麗でした。

 

夜22時に訪れたので、かなり空いています。タイムズスクエアに近く、土曜の夜で確実に入れるお店はなかなかないので、嬉しい限り。

 

ジューシーなハンバーガー!

 

 f:id:iroppu:20170901114519j:plain

早速、ハンバーガーを注文!肉がジューシーでしっかりしていて美味しいです。バンズは普通ぐらいの美味しさ。サイドのフライドポテトは衣がサクサクしていて中々美味しいです。ボリュームが相変わらず多いです。

 

 

f:id:iroppu:20170901114522j:plain

もう一品、変化球で普段頼まないであろうトマトの冷製スープ「ガスパチョ」を注文。ピリッとした唐辛子の辛さが効いています。そしてアボカドが入ってる珍しいトッピング。辛めなのでサラーっとは飲めないですが、一杯全部飲めるほど美味しい味でした。辛いのが苦手な人はやめておいた方がいい味でしたが、辛いのが好きな方は是非注文してくださいね。

 

 

その他、ハンバーガー以外のメニューもあるので、大人数で来てシェアするのがいいかも知れません。

 

タイムズスクエアに観光の予定があり、定番すぎるハンバーガーショップはちょっと、と思っている方に是非おすすめしたいお店「HB Burger」の紹介でした。

 

ニューヨーク郊外カテゴリの記事はこちら

NYマンハッタン・ブルックリン観光カテゴリの記事はこちら

 

 

タイムズスクエア周辺のお店の中では、ここもおすすめです。

 

www.iroppu.com

 

 

 

 

NY「ブルースBBQフェスティバル」でスペアリブを食べながら無料ライブ鑑賞!

8月末のニューヨークは、だんだんと涼しくなってはきましたが、マンハッタンでの夏イベントはまだまだ続きます。

 

今日は、マンハッタンのPIER 97で開催される、フードと音楽の祭典「BLUES BBQ FESTIVAL」に参加してきました。

 

 

Blues BBQ Festival | Hudson River Park

 

 

 

早く到着したのでカフェで休憩

開場は2時ですが、1時半に到着。まだ待機列は20人ぐらいだったので、カフェで休憩することに。

 

f:id:iroppu:20170820032806j:image

PIER 97の会場から歩いて7分程度のカフェ「Prestige cafe & deli」で休憩。トイレもありました。

 

f:id:iroppu:20170820032801j:image

パンやクッキー、サンドイッチなどもあるので、小腹も満たせます。

 

f:id:iroppu:20170820033435j:image

アイスコーヒーをセレクト。参考までに、メニューはこちら。

 

Menus for Prestige Cafe And Deli - New York - SinglePlatform

 

 

ブルースBBQフェス会場へ

さて、いよいよ入場です。

 

f:id:iroppu:20170820033146j:image

すごい行列です!炎天下の行列のため、高架下の日陰で入場列がなくなるまで待機することに。14時半頃、やっと入場できました。

 

f:id:iroppu:20170820094825j:plain

続々とみなさん会場入りして行きます。

 

f:id:iroppu:20170820094830j:plain

会場から約30分しかたっていないのに、ライブ鑑賞席にはこんなにも人が。普段日傘をささないアメリカ人ですが、本日は炎天下のため、日傘をさしている人もちらほら。

 

 

f:id:iroppu:20170820094835j:plain

大迫力の生ライブ!こんな近くで見れちゃいます。入場してすぐは「The Cambell Brothers」というブルースの古くからいるアーティストが演奏。深みのあるボーカルを迎えてのセッションは、心地よく響きました。

 

f:id:iroppu:20170820094845j:plain

背景はマンハッタンの西側にそびえ立つ、個性的な建築物。苦情が来るんじゃないか?というほど迫力のある大きな音です。

 

f:id:iroppu:20170820094849j:plain

今日のプログラムはこんな感じ。初めの「The Cambell Brothers」と「Sugar Ray & The Bluetones」を鑑賞。

 

f:id:iroppu:20170820094854j:plain

マンハッタンの高層ビルが遠くに見えます。

 

f:id:iroppu:20170820094858j:plain

BBQを取り扱う飲食店として、出店している店舗は4つ。どの店も長蛇の列です。

 

今回はBBQコンテストでチャンピオンを勝ち取ったという「Dinasaur Bar-B Que」に並ぶことに。

 

f:id:iroppu:20170820094913j:plain

メニューはこんな感じ。

 

f:id:iroppu:20170820094903j:plain

裏方の人々も休みなく肉を焼いています。

 

 

f:id:iroppu:20170820094919j:plain

並ぶこと45分、やっと注文できました。実店舗で出していて人気という『スペアリブ』のハーフを注文。18ドルでした。これがジューシーで美味しい。ソースが日本人に合う甘辛で、かといって辛すぎずちょうどよい塩梅。素手でバクバク食べました。

 

 

 

f:id:iroppu:20170820094923j:plain

その他、アイスクリームサンドイッチ「Melt」も出店。

 

f:id:iroppu:20170820094928j:plain

暑い夏なので、ビールのトラックも出張しています。

 

f:id:iroppu:20170820094932j:plain

最後にライブをしばらく楽しんでから帰りました。

 

f:id:iroppu:20170820094936j:plain

ブルース音楽をバックにダンスを踊る人々。暑い夏を吹き飛ばすような、愉快な一日でした。

 

 

 

ニューヨークのその他夏イベントのおすすめはこちら。

 

www.iroppu.com

 

www.iroppu.com

 

 

www.iroppu.com

 

 

NYミッドタウンに行くなら、デザートバー「ChikaLicious Dessert Bar(チカリシャス)」予約来店がおすすめ!

今日は、日本から短期滞在している友人と共にデザートバー「ChikaLicious Dessert Bar(チカリシャス)」へ行って来たので、紹介したいと思います。

 

この店舗、なんと日本人オーナー「チカ」さんの名前からとっているそうです。

 

 

f:id:iroppu:20170823123848j:plain

ミッドタウンのひっそりした場所にあります。昼3時からのみ営業しているので、事前にメールで予約をとってから行きました。予約のお客さんでほぼ満席でした。

 

f:id:iroppu:20170823123913j:plain

メニューはこんな感じ。デザートのコースは16ドルです。基本的なメインのデザートを一つ選ぶと、そちらにアペタイザーとプチスイーツがセットになっています。この日は、ワインペアリング9ドルをプラスして注文。

 

f:id:iroppu:20170823123904j:plain

この日は3人で来訪したのですが、全員違うデザートを頼んだため、なんとペアリングのワインも全員異なりました。甘めの口当たりの、優しいワインで乾杯!

 

f:id:iroppu:20170823123900j:plain

白桃のアイスがアペタイザーとして登場。クリーム部分もしっとり美味しいのですが、本体の白桃アイス部分が美味しい。おそらく本当の桃の果実を丸ごと使ってそうなお味です。

 

f:id:iroppu:20170823123857j:plain

メインの、ピスタチオのソルベ。爽やかな香りと、クリーミーな味が合わさって、もうなんとも言えない気分になります。友人の分も少しいただきましたが、このメインデザートが一番おすすめ!アメリカではなかなか食べられない味です。

 

f:id:iroppu:20170823123852j:plain

こちらが、メインの後の最後に出てくるプチスイーツ。3人分です。ココアのクッキーのチョコホイップ乗せが一番美味しかったです。プチスイーツにも気を抜かないところも評価が高い。

 

 

いかがでしたでしょうか?デザートバーという珍しいスタイルで、上品なスイーツを楽しむことができて大満足です。

 

筆者はスイーツがそんなに好きではないためあまり期待していなかったのですが、予想外に美味しく、しばらく余韻に浸っていました。ミッドタウンの予定を組まれる場合は、ぜひこの場所も候補に入れてみてください。人気店のため、来店する場合は予約必須です。

 

ChikaLicious Home Page

 

ニューヨーク郊外カテゴリの記事はこちら

NYマンハッタン・ブルックリン観光カテゴリの記事はこちら

NYソーホーのレストラン「Miss Lily's(ミス・リリーズ)」でジャマイカ料理ブランチ

f:id:iroppu:20170806071326j:image

ニューヨーク・マンハッタンのSOHOにある「Miss Lily's(ミス・リリーズ)」でジャマイカ料理屋さんを発見し、ブランチを楽しんで来たので、紹介したいと思います。

 

 

f:id:iroppu:20170806071111j:image

カラフルでポップな雰囲気のお店です。カウンター席もあります。派手なピンクのレジスターが見えますが、ここではなくテーブル会計です。(しかもクレジット決済機は別にあるところがまた面白い)

 

f:id:iroppu:20170806071128j:image

メニューはこんな感じ。中央にある「JAMAICAN BREAKFAST」をおすすめされたので、そちらを注文。

 

 

f:id:iroppu:20170806071115j:image

ドリンクはオレンジジュースを注文したのですが、しっかり果肉が入っているジュースで、甘くて美味しい。グラスにオレンジも添えられていて、とってもトロピカルでした。ジャマイカも柑橘系が有名なのでしょうか。

 

 

f:id:iroppu:20170806071154j:image

待つこと5分ほど、人気のメニューでよく出るのか、すぐに運ばれてきました。

 

 

f:id:iroppu:20170806071208j:image

こちらはセットのフルーツ。たっぷり新鮮なフルーツがランチが食べられるのは嬉しいです。

 

 

f:id:iroppu:20170806071215j:image

こちらはジャークチキン。ジャスミンライスもセットでついてくるのですが、これがなぜか日本の赤飯みたいな味で美味しい。豆が似ているからでしょうか。ソースはフルーツソースで、ジャークチキンの辛さと、ソースの甘さがうまくマッチして本当に美味しかったです。肉っぽい臭みもなく、程よいジューシーさでした。

 

 

f:id:iroppu:20170806071227j:image

手前の席だったのですが、奥の席はこんな感じ。噂通り、レコードが壁に飾ってあり、独特の雰囲気を醸し出しています。

 

 

f:id:iroppu:20170806071305j:image

ワイワイガヤガヤしている店内は、アメリカに来た!という感じがしてとってもいい感じでした。ジャマイカ料理ですが、ソーホー地区に来られる方は是非行って見てください。

NYマンハッタンのHudson River Parkで夏イベント・カヤック無料体験してきました

夏イベントが多いニューヨークですが、ヨガ・フードイベント等の陸でのイベントだけではなく、なんと「カヤック無料体験」ができる場所があります。

 

f:id:iroppu:20170819131819j:image

カヤック体験プログラムは、ザ・ダウンタウン・ボートハウス(The Downtown Boathouse)という非営利団体が中心となり、ボランティアのスタッフによって運営されています。ボランティアスタッフは子供から大人まで大人数で構成されています。寄付は現地で受け付けていますが、基本的に全て無料で体験することができます。現在、ハドソン川沿い(Hudson River Park)を中心にマンハッタンの4箇所で行われているようです。

 

f:id:iroppu:20170819130458j:image

今回訪れたのは、イーストリバーの「Pier 26」という場所です。マンハッタンの南部に位置し、ワールドトレードセンターを含めたマンハッタンの景色を海から眺められる場所です。事前に、カヤック体験ができる場所の中で、一番眺めが良い場所、という評判を聞いていたので、ここにしました。

 

ちなみに、筆者は一度「Pier 26」から車で20分の距離の「Pier 62」に間違って着いてしまい、大急ぎで「Pier 26」までUberで移動するという失態を犯したので、目的地は正しく「Pier26」としてくださいね。

 

Pier 26 — The Downtown Boathouse

 

予約は不要で、当日現地で直接申し込みます。到着から乗船まで20分程度かかるので、時間には余裕を持って到着してください。

 

 f:id:iroppu:20170819130634j:image

このカラフルなロッカーに荷物を預け、手ぶらになります。靴も脱いで裸足になります。

 

f:id:iroppu:20170819130815j:image

なんと、日焼け止めが無料で使えるサービスもあります!SPFの表記はありませんでしたが、肌の弱い私でも荒れなかったので、そんなに悪いものは使われていないと思います。

 

 f:id:iroppu:20170819130701j:image

ライフジャケットを受け取ります。ボランティアスタッフが、身体のサイズを確認し選んでくれました。筆者は153cmのため、サイズはSでした。

 

 

f:id:iroppu:20170819130717j:image

こちらがオール。キッズ用は短いため、大人用のオールを取ります。

 

 

 

f:id:iroppu:20170819130732j:image

こちらが乗るボート。列に並んで待つこと10分程度、簡単に乗り方をレクチャーしてもらい、いざ出発です!

 

f:id:iroppu:20170819131125j:image

転覆防止のため、ボートには穴が空いており、水が結構入ってきます。

 

f:id:iroppu:20170819131148j:image

だんだん日が落ちてきた様子。いい感じです。

 

f:id:iroppu:20170819131206j:image

見てください、このカヤックからの眺めを!

ワールドトレードセンターを海から眺める贅沢さ。

 

f:id:iroppu:20170819131558j:image

ニュージャージー州はこんな感じに見えます。こちらもロマンチック。

 

決められた水域から出ないように自由に漕ぎながら、20分ぐらい楽しんで戻ってきました。はじめてのカヤック経験でしたが、特に酔うことなく過ごせました。20分無料体験ということでしたが、特に厳密なリミットなどは設けられていないようでした。

 

夏、ニューヨーク観光で一味違ったアクティビティを体験したい方は、無料なので是非行ってみてくださいね。

NYタイムズスクエア周辺でランチ・カフェ休憩なら「Milos Cafe」がおすすめ!

ニューヨーク・マンハッタンでは、おそらくタイムズスクエアが一番混雑します。それは、主要観光スポットでありながら、マンハッタンの中心に位置し、なおかつアクセスがかなり良いから、という理由です。

 

しかし、すぐ近くのカフェやレストランは観光客でいつも混雑しており、かつ「ココだ!」みたいなレストランが少ないのが現状です。そのため、休憩するには、空いている路上のベンチを探したり、電車に乗って別の駅に移動したりする必要があります。

 

今日は、そんなタイムズスクエアから少し北上し(徒歩7分ぐらい)セントラルパークのすぐ南に位置するおしゃれなカフェ「Milos Cafe」を発見したので、ランチ・カフェ休憩にぴったりのおすすめの場所として、紹介したいと思います。

 

Milos Cafeの場所

 

 

お店の様子

 

f:id:iroppu:20170817043806j:plain

タイムズスクエアから歩くこと7分程度、可愛いお店を発見!外の席が10席程度、中の席はカウンター席と合わせて8席程度でした。

 

 

f:id:iroppu:20170817043758j:plain

商品陳列棚には、自家製ジャムがずらり!ブルーベリーやイチジク、定番のイチゴジャムもありました。冷蔵のコーナーにはソーダやフルーツドリンクの他、自家製ヨーグルトもありました。

 

f:id:iroppu:20170817043754j:plain

レジの横にもジャムがずらり。一つ一つ、手書きで瓶に直接果物の名前が書かれています。カラフルな瓶は、みているだけでも可愛い!

 

 

f:id:iroppu:20170817043802j:plain

ショーケースには、サンドイッチが並んでいますが、なぜか「FOR DISPLAY ONLY」(ディスプレイ用です)の記載が。美味しそうな「パストラミとトマトチーズのサンドイッチ」を注文。12ドルぐらいです。すると、やはりこのショーケースから取るのではなく、注文してから1から作ってくれるようでした。

 

 

f:id:iroppu:20170817043736j:plain

店内でももちろんいただけますが、今日はお持ち帰りにしました。

 

このクリアケースに、カラフルな2色のさつまいもチップスと、サラダ、フォークやナプキンがついてきました。パストラミが新鮮で美味しかったのですが、何よりハード系のパン部分がめちゃくちゃ美味しい。アメリカではこういうパリッとした素材のパンはあまりないのですが、このお店は具材にもパンにもこだわっているようで、とっても美味しく頂けました。再度しっかり閉じれるケースだったので、食べきれなくても持って帰ってホテルで食べてもいいですね。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか? タイムズスクエアから少し北上し(徒歩7分ぐらい)セントラルパークのすぐ南に位置するカフェ「Milos Cafe」を紹介しました。タイムズスクエア観光の間に休憩する際は、是非寄ってみてくださいね。

 

 

ニューヨーク郊外カテゴリの記事はこちら

NYマンハッタン・ブルックリン観光カテゴリの記事はこちら

 

NY郊外ロングアイランド・ジョーンズビーチの乗合い船「Captree Princess」で海釣りしてきた!

ニューヨークではお肉を食べる人が多いです。それに対して、魚は美味しいものがあまりなく、市場に並ぶ魚も新鮮なのか疑わしく、あまり新鮮な魚を手軽に購入できない環境であります。

 

しかし、アメリカでも新鮮な魚を自分の手で手に入れることができる手段があります。それは「海釣り」です!ニューヨーク郊外のロングアイランド島は海に囲まれており、釣り場として公開されている場所が多いのです。

 

f:id:iroppu:20170817024656j:plain

そこで「釣りは年に1度ほど行く、趣味とは言えないけど経験はある」レベルの筆者が、ニューヨークの郊外で海釣りに行ってきたので、紹介したいと思います。

 

当日の様子

 

f:id:iroppu:20170817024724j:plain

快晴!夕方18時頃でもまだ明るいです。ハイウェイを飛ばして、橋を渡ったところ。橋からの眺めは、とっても綺麗です。

 

f:id:iroppu:20170817024720j:plain

乗り場に到着。出航時間の19時までに、トイレなどを済ませておきます。

 

f:id:iroppu:20170817024713j:plain

乗船料を一人45ドル支払い、竿も3ドルでレンタルします。餌ももらえるので、本当に手ぶらで楽しめます。また、難しい仕掛けもないため、アメリカではライトな乗合い船は「Party Boat」と呼ばれているようです。

 

客層はほぼ男性・子供は居ない

老客男女どうぞ!と記載がありましたが、めちゃめちゃ船が揺れる5時間耐久戦(船)なので、ちょっとぬるっとした魚・餌を触れる&酔ってもいいくらい釣りが好きな人じゃないと厳しいのではないでしょうか。実際、子供は全くおらず、40代後半の夫婦でこれらている以外の女性の方はあまり居ませんでした。ほとんどが会社の同僚の男性同士できている印象です。

 

筆者(女)は普段乗り物にめちゃクチャ酔いやすいのですが、釣りが好き&アメリカで初釣りということもあり、5時間が一瞬で過ぎ去ったと感じるぐらい興奮して、酔っている感覚が全くありませんでした。

 

後、日本の船に比べて大型なので、揺れは多少マシです。ただ、当日の波の高さによって大きく揺れが変わるので、なんとも言えませんが、本当に心配な方は、まずは陸からの釣りを楽しんだ方が良いかと思います。

 

f:id:iroppu:20170817024717j:plain

こんなに近い感覚で竿がセットされます。本日は金曜の夜ということもあって、船はほぼ満席。用意された竿置き場には、ほとんど竿がセッティングされました。

 

 f:id:iroppu:20170817024709j:plain

釣りポイントに到着するまで45分程度、みなさん思い思いに時間を過ごされます。飲食持ち込みもOKのため、こんな感じでピザを持ち込む方も居ます。

 

f:id:iroppu:20170817024705j:plain

軽食やソフトドリンクは、自動販売機が完備されているので、ここで購入できます。

 

f:id:iroppu:20170817024701j:plain

船内のヒラメらしきイラスト。ワクワクが高まります。

 

 

 

仕掛け・餌

f:id:iroppu:20170817033904j:plain

仕掛けは、簡単な大きめの針2つに、重りのみ。リールもごくごく一般的なものです。

 

f:id:iroppu:20170817024652j:plain

餌はなんと貝。大きいものから小さいものまで、5、6人に1つのバケツをもらえます。ここから随時手づかみで針につけていきます。

 

 

いよいよ釣り開始!

早速ファーストポイントに到着。ブザーがなり、みなさん一斉に竿を入れます。

 

釣りの最中は、左手でリールをもち、右手で餌・魚の口から針を外したりするため、手はめちゃくちゃベトベトです。ウェットティッシュ必須です。写真が取れなかったのが悔やまれます。

 

f:id:iroppu:20170817024623j:plain

3箇所の釣りポイントを巡りました。釣り方はいたって簡単、リールを解放して糸をだし、重りが底までついたらリールを固定、引くのを待つ。チョンっという小さなあたりがあれば、一度大きく上に竿を引いて合わせる。そして巻く。これだけで、簡単に釣れます。

 

f:id:iroppu:20170817033912j:plain

しかし、簡単に釣れる釣れる。一度魚の口に針がかかると、口の強い魚たちはあまり逃げられないので、ずっと大きく引き続けています。重いので簡単にするっと上がらないのですが、網を使うまでもなく、上がります。

 

いやー、面白い。

何が面白いって、日本では釣れない大きさのものがバンバン釣れるところと、引きに対して合わせて、あげたら釣れているのが面白い。そして、日本だと乗船料1万円ぐらい取られるところが、45ドルで楽しめるので、かなりリーズナブルに釣りを楽しめます。あとはクルーが常にうろうろしているので、「Excuse me!」というとリールの不調を治してくれたり、魚の口の針をとってくれたりするので、本当に楽チンです。

 

あとは、隣の人と糸がもつれる(祭りになる)こともありましたが、基本的には船が停船しているのでそんなには動かず楽しめます。

 

唯一欲を言わせてもらうならば、投げ釣りもやりたかったなぁ、ぐらいでしょうか。あとは、同じ餌でアジのような魚を釣っている方も居たので、今度は違う魚も釣ってみたいと思ってます。

 

f:id:iroppu:20170817033908j:plain

筆者の本日の最終的な釣果は、なんと「23匹」!竿を入れている3時間、2回おろして1回は釣れるほどの大漁。

ほとんどが「タイ」で、写真の「ブラックシーバス(スズキ)」が3匹ぐらい。20cmぐらいの小さい魚が釣れると、クルーが小さいと判断して捨ててしまいます。大きければ、バケツに入れて持ち帰らせてくれます。だいたい、35cm以上ぐらいかな。

 

 

f:id:iroppu:20170817024646j:plain

これは帰りの船の様子。みなさんぐったりして居ます。他の方も序盤は大漁入れ食いだったのですが、途中で波が高くなり船があり得ないほど揺れたため、気分が悪くなり釣りを中断して船内で休まれている方が半分ほど居ました。船酔いが苦手な方は、5時間の長丁場ですので、酔い止めを飲むなどした方が良いかと思います。

 

f:id:iroppu:20170817024643j:plain

2階デッキはこんな感じ。横になっている人や座っている人がほとんどで、疲れて早く帰りたそうにしている方が多かった印象です。笑

 

f:id:iroppu:20170817024639j:plain

港に帰るまでの45分程度の間に、クルーが釣った魚を3枚におろしてくれます。ここでおろしてもらう場合、自分の魚は何匹だったか、というようなきっちりした数のカウントはないので、強気にもらいましょう。

 

f:id:iroppu:20170817024634j:plain

こんな感じでバッサバッサ切り分けてゆき、袋に詰めてくれます。魚の入った袋を受け取ったら、チップを5ドルほど渡すのがセオリーのようです。

 

f:id:iroppu:20170817024626j:plain

降りた後に船をパシャリ。「Captree Princess」という文字がライトアップされ、かっこいい。大海へ釣れて行ってくれてありがとう!

 

f:id:iroppu:20170817024630j:plain

ちなみに、遠くからクラブミュージックが聴こえるなぁ、と思ったら、船上でパーティをやって居ました。夜23時だったので、深夜便の船があるのでしょうか。なかなかアメリカっぽいですね。

 

おわりに

アメリカに来て初めて海釣りをしましたが、面白かったです。日本よりも魚は大きいし、リーズナブルに乗合い船に乗れます。また1ヶ月後に行く予定ですが、今度は別の魚を釣りたいところです。

ロングアイランドで釣りを楽しみたい方は、ジョーンズビーチの乗合い船「Captree Princess」にぜひ行ってみてくださいね。

 

 

予約はこちらのサイトから。

Captree Laura Lee Fishing Boat Sailing From Captree Boat Basin

 

場所はこちらです。

 

 

ニューヨーク郊外のおすすめ庭園・グルメはこちら。

www.iroppu.com

 

ニューヨーク郊外カテゴリの記事はこちら

NYマンハッタン・ブルックリン観光カテゴリの記事はこちら

NYワールドトレードセンター周辺ランチなら「Kaffe 1668(カフェ 1668)」で絶品アボカドベーグル!

ワールドトレードセンター近くに行った際、「Kaffe 1668(カフェ 1668)」で絶品アボカドベーグルを食べてきました。ここ最近食べたベーグルサンド系の中で群を抜いて美味しかったので、紹介したいと思います。

 

Kaffe 1668


 

お店の様子

f:id:iroppu:20170805131437j:plain

木でできたおしゃれな看板。

 

 

f:id:iroppu:20170805131444j:plain

カウンターはこんな感じ。この日はお昼に訪れましたが、夜になっても雰囲気が良さそうです。

f:id:iroppu:20170805131451j:plain

f:id:iroppu:20170805131455j:plain

店内はこんな感じです。ひつじがテーマアニマルのようで、お店のそこらじゅうにひつじのぬいぐるみがあります。個性的です。

 

f:id:iroppu:20170813020254j:image

注文されてから1つ1つ手作りされる、アボカドベーグル。ベーグルのベースが見えないほど、たっぷりとアボカドペーストが塗られています!ベーグルの方は「EVERYTHING」を注文。スパイシーさとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチして、美味しいです。ベーグルもトーストされていて、ベーグルらしいベーグルではなく、どこをとっても美味しい。

 

 

f:id:iroppu:20170805131459j:plain

席からみたこんな感じ。程よく暗く、トライベッカのカフェらしい雰囲気です。

 

f:id:iroppu:20170813020410j:image

カフェラテを注文。ミルクたっぷりで、こちらもとっても美味しかったです。うしろにうつつているのは、テーブルに置いてあるひつじ。

 

終わりに

冒頭でも述べましたが「Kaffe 1668(カフェ 1668)」の絶品アボカドベーグルは、ここ最近食べたベーグルサンド系の中で群を抜いて美味しかったので、自信を持ってお勧めできます。ワールドトレードセンターに観光される方は、是非是非訪れてみてください。

 

サンドイッチで最近美味しかったのは、Untamed Sandwiches。こちらも今回の場所からは遠いですが、パン系が好きな方は一度行ってみる価値ありです。

www.iroppu.com

 

その他、マンハッタンの観光情報全般はこちら。

www.iroppu.com

 

 

NY郊外ロングアイランドのミネオラ駅周辺カフェ・ランチ開拓シリーズ03「Chipotle(チポトレ)」でメキシカン料理

ニューヨーク郊外の都市「Mineola(ミネオラ)」。マンハッタンからはLIRRという高速鉄道で約35分という、ちょっと郊外にあります。ロングアイランド島はほとんどの街がのどかな田舎ですが、ミネオラはLIRRの中間地点、ということもあり、駅前は栄えていて飲食店が多くあります。

 

近年、日本人の方が多く住むようになった街とは聞いていましたが、ネットに飲食店の日本人の感想や情報が少ない・・というわけで、ミネオラ駅周辺の飲食店に実際に行って情報をまとめるシリーズを続けています。

 

ミネオラ在住の方、またロングアイランド周辺都市在住の方の参考になれば幸いです。

 

駅から5分、車でのアクセスが良好な「チポトレ」

f:id:iroppu:20170808121504j:plain

知人の男性陣から大絶賛されているメキシカングリル「Chipotle(チポトレ)」に初めて行って来ました。外食の中ではぶっちぎりに好みの味で美味しかったので、紹介したいと思います。

 

 

 

f:id:iroppu:20170808121455j:image

こんな感じ。単独の飲食店ではなく、複合施設の中に入っています。ロゴがシンプルで好きな感じ。

 

 

 

f:id:iroppu:20170808121459j:image

中に入ってみると、すでに15人ほどの行列が。夕方8時頃だったので、夜ご飯どきは混むのかもしれません。

 

 

 

f:id:iroppu:20170808121526j:image

サブウェイのような方式で、先にベースを選び、その中に具をトッピングして行きます。ベースにお肉を乗せる店員さんと、その後トッピングを乗せる店員さん、レジで会計をしてくれる店員さん、すべて違う店員です。人気店なので、しっかり分業がなされていました。

 

f:id:iroppu:20170808122136j:image

 お肉の種類が6種類から選べるのですが、チキン以外はあまり聞いたこともない名称。注文前に、この肉の名称らしき6種全てをGoogleで調べました。せっかくなので、紹介します。

 

  • STEAK 牛肉の厚切り
  • CARNITAS 豚肉の細切り
  • CHICKEN 鶏肉
  • CHORIZO 豚肉のスパイス入りソーセージ
  • BARBACOA 牛肉
  • SOFRITAS 豆腐

  

f:id:iroppu:20170808121530j:image

指差しで注文すると、ベースにどんどん乗せられていきます。私が今回選んだのは「BOWL」です。

 

f:id:iroppu:20170808121504j:image

なにこれ、めっちゃボリューミー!メキシカン・タコスをイメージしていたのですが、野菜がたっぷり、「BOWL」を選んだためとってもヘルシー。野菜もたっぷりとれますし、程よいスパイシーさが病みつきになります。

 

ドリンクと合わせて10ドルちょっとでした。これは、次回別のお肉の組み合わせでもう一度頼んで見たい。

 

 

ミネオラ駅周辺の他店舗ランチ情報はこちら。

 

www.iroppu.com

 

www.iroppu.com

 

NYソーホーのチョコレートショップ「Li-Lac Chocolates(ライラックチョコレート)」で美味しいお土産探し

NYグリニッチヴィレッジ・ソーホーにある、種類の豊富なかわいいチョコレートショップ、「Li-Lac Chocolates」に行ってきました。

 

Li-Lac Chocolates (Greenwich Village)

162 Bleecker St, New York, NY 10012

Home Page | Li-Lac Chocolates

https://goo.gl/maps/qmM2Frg7DxJ2

 

 

f:id:iroppu:20170806071425j:image

ソーホーエリアの西の方に、紫をテーマカラーとした店舗を発見!ウィスキー型のチョコなんかが飾ってあります。

 

f:id:iroppu:20170806071438j:image

中に入ると、これまた紫をテーマカラーとした商品の数々がお目見え。お土産に便利な、缶に入ったシリーズもあります。

 

f:id:iroppu:20170806071430j:image

そしてメインとなるショーケース販売には、たくさんの粒チョコレートが!チョコの芳醇な香りがひろがっています。イチオシのチョコの試食もできますよ。

 

 

f:id:iroppu:20170806071434j:image

今回のお目当ては、ウィスキーやアマレットが中に含まれた、大人のチョコレートボンボン。店員さんに聞くと、ショーケースのこのゾーンだと教えてくれました。売り切れのチョコもありますが、いろんなチョコがたくさんあり、目移りします。そして、目的の「アマレット・トリュフ」を発見!こちらは試食できませんが、1個から購入OKのようです。

 

 

f:id:iroppu:20170806211707j:plain

お土産用のBOXは、最大16個が入り、一列8個がぴったりだよ〜とマダムの店員さんが教えてくれました。しかし、1個からでも購入でき、ぴったりにならなかった場合でも間に梱包材を詰めてくれるので、スカスカにはならないです。

 

f:id:iroppu:20170806211712j:plain

自分用と、近くに住んでいる友人用のお土産として、試しに4個を購入してみました。1個1.8ドルでTAXが入って2ドルなので、計8ドルぐらい。こんな感じで敷き詰めてくれるので、16個も買わなくても、少量でもOK。包装もとっても上品で可愛くて、ちょっとしたプチギフトにぴったりです。

 

自分用に買ったものを食べたのですが、適度な苦味と、アルコール、甘さがあって美味しい!個人的には甘すぎるチョコはあまり食べれないのですが、ちょうど良いカカオの苦味で美味しかった・・また買うと思います。

 

BOXにもともと入ったチョコも長期保存には良いですが、すぐ食べるようであれば、この店舗で、ショーケースから新鮮なチョコを選んで、身近な方へのお土産にしてみてくださいね。

 

 

 

その他のオススメ

グリニッチヴィレッジエリアの、その他のオススメ店舗はこちら。

  

Miss Lily's

132 W Houston St, New York, NY

https://goo.gl/maps/DJZ4CWCMDAw

レコードが飾ってある、ジャマイカ料理店。レゲエをテーマにしたダイニングルームあり

 

Birch Coffee

71 W Houston St, New York, NY 10012

https://goo.gl/maps/W2Sz1RH2uS92

KYOTOスタイルのコーヒーが飲める、こじんまりとしたコーヒーショップ。オシャレ!

 

 

Alidoro

105 Sullivan St # 2, New York, NY 10012

https://goo.gl/maps/dBjBBwbnWJn

イタリアンサンドイッチ店!店内が狭いので、テイクアウトしてベンチなどで食べる系統のお店。ピノッキオというのがニューヨークナンバーワンのサンドイッチと言われてるらしい。

NYグリニッチヴィレッジ・ソーホー周辺でカフェ休憩「Birch Coffee」でサードウェーブコーヒーを

マンハッタンのグリニッチヴィレッジで、休憩にぴったりな洒脱なカフェ「Birch Coffee」に行ってきたので紹介します。

 

Birch Coffee | Birch Coffee

 

f:id:iroppu:20170806071609j:image

こちらの店舗。グリニッチヴィレッジの、West 4 stから少し歩いた場所にあります。

 

f:id:iroppu:20170806071613j:image

大きな看板は出ておらず、こじんまりとした黒板が目印です。

 

f:id:iroppu:20170806071619j:image

薄いブルーカラーが使用された、おしゃれな店内。

 

f:id:iroppu:20170806200451j:plain

席数は10席ぐらいとそんなに多くありませんが、この日は空いていてゆっくり座ることができました。穴場感があります。スタバに行くと席が空いていないことが多いのですが、こう行った目立たない穴場カフェは、空いていて座れることが多いので、狙い目ですね。

 

f:id:iroppu:20170806071639j:imageこのお店は、2017年のTIMEOUTの「ベストアイスコーヒー15選」で3位になっていて、「KYOTO Style」という方式を採用しているということで気になっていたお店なんです。2016年はなんとNYベストコーヒーランキングで1位を取得するほどの実力サードーウェーブコーヒー店。

 

f:id:iroppu:20170806200445j:plain

こちらが注文した「Kyoto Style」のブラックコーヒーです。お姉さんがなみなみと注いでくれます。

 

f:id:iroppu:20170806071637j:image

いつものハーフサイズぐらいの珍しい小さめプラカップで提供されました。また、アイスコーヒーですが「氷」が入っていないのも珍しい。こちらで4ドル。酸味が強いですが、慣れてくると美味しく感じてくる味。

 

いかがでしたでしょうか。グリニッチヴィレッジ・ソーホーを訪れ、カフェ休憩がしたくなったら、ぜひ訪れてみてください。

 

「Birch Coffee」はこの店舗の他にもたくさん店舗があり、観光スポットからアクセス良好な「フラットアイアン店」もあるのですが、そちらはこの店舗と趣が異なり「図書館のような場所」になっている個性的な店舗のようです。行ったらまたレポします。

 

 

その他のオススメ

グリニッチヴィレッジエリアの、その他のオススメ店舗はこちら。

 

Li-Lac Chocolates (Greenwich Village)

162 Bleecker St, New York, NY 10012

https://goo.gl/maps/qmM2Frg7DxJ2

種類の豊富なチョコレートショップ。

 

Miss Lily's

132 W Houston St, New York, NY

https://goo.gl/maps/DJZ4CWCMDAw

レコードが飾ってある、ジャマイカ料理店。レゲエをテーマにしたダイニングルームあり

 

 

Alidoro

105 Sullivan St # 2, New York, NY 10012

https://goo.gl/maps/dBjBBwbnWJn

イタリアンサンドイッチ店!店内が狭いので、テイクアウトしてベンチなどで食べる系統のお店。ピノッキオというのがニューヨークナンバーワンのサンドイッチと言われてるらしい。