いろたし日記

いろたし日記

NY在住者による、ニューヨーク情報をメインとしたブログです。誰かの人生にちょっとだけ色を足すようなブログになれたら。

MENU

アメリカ・ニューヨーク州の片田舎で夫婦の生活費がいくらかかるのか算出してみた

f:id:iroppu:20170421233955j:plain

生活費算出のきっかけ

ブロガーのやぎペーさん(@yagijimpei)の生活コスト算出記事を見て、アメリカ・ニューヨークでの生活費の算出をしたくなり、先月分を算出しました。「東京一人暮らしで26万台」は、彼がブログで稼いでいるからこそ、彼なりの生活水準で、自炊せずストレスなく暮らす金額なんだなーと感じました。

 

会社員時代には意識していなかった収入・支出が、無職になり意識せざるを得ない状態になっていることも1つの理由です。

 

それでは算出スタート! 

なお、30歳夫婦の二人暮らしで、以下は二人分の合算金額です。

 

固定費・変動費

固定費(月額)

  • 家賃(水道・ガス含む):$3000
  • 光熱費:$40
  • Wi-Fi:$70
  • スマホのキャリアT-mobile:$60
  • Kindle Unlimited:$10
  • Hulu:$10
  • DMM英会話:$55

 合計:$3185

変動費(月額)

  • 消耗品:$50
  • 化粧品:$60
  • 洋服:$50
  • 移動費・電車(家〜マンハッタンまで)×4往復:$80
  • 移動費・車(ガソリン代):$35
  • 駐車場代:$50
  • 書籍代:$20
  • 食費:$600
  • 交際費(飲み会):$300

 合計:$1225

総計:$4310

算出した感想

$4310となりました。

2017年4月現在1ドル109円なので、約47万円です。

二人分の合算値なので、一人当たりで割ると、約23.5万円です。

高ーっ!高いよ!この算出結果の中で特筆すべき項目は「家賃」と「食費」。

家賃

「家賃」はよく驚かれます。13畳と8畳の2部屋、新築マンション2DKでこの価格です。ここ、ニューヨーク州とはいえ、マンハッタンから車で1時間かかる田舎です。新宿から車で1時間離れている場所に住んでいるようなものです。にも関わらず、月3000ドルもします。ここだけですでに日本での新卒初任給を超えています。主人の会社の住宅補助があるから良いものの、全額負担だったら間違いなく生活できません。ちなみに、マンハッタンに近くほどどんどん家賃が高くなるので、タイムズスクエア近くに住む友人の6畳の部屋で、同じく3000ドルくらいするそうです。

食費

次に「食費」です。外食は毎週土日いずれかだけなので月4回として、その4回以外ほぼ自炊しているにも関わらず、この食費です。物価が高すぎます。野菜・肉がとにかく高い。オーガニックな卵なども高く、10個入りで700円ぐらいします。本当に鶏の卵なのか逆に疑いたくなります。

 

今後の展望


断捨離は好きですが我慢は嫌いなので、嫌々何かを節約することはしていませんが、引っ越してきてすぐということもあり、比較的最近は大人しく過ごしています。ネットでは月3回くらいしか物を買わないので、「外に出ないこと」が基本的に節約になってます。

旅行や帰国資金を毎月貯金するとなると、もっとかかりますね。

駐在妻という認識を捨て、月24万は自分で稼げるようになりたいところです。

まず、就労VISAの仕組みを知り、お金に関する制度についても調べよう。


来月以降も算出してみて、客観視しようと思います。
アメリカ・ニューヨークに住むご予定の方の参考になれば幸いです。ではでは。